本のページ

SINCE 1991

TBS NEWS×note「#マンガで報道局 投稿コンテスト」を開催 じぶん視点の「ニュース」をマンガまたはイラストで

TBS NEWS×note「#マンガで報道局 投稿コンテスト」を開催 じぶん視点の「ニュース」をマンガまたはイラストで

TBS NEWS×note「#マンガで報道局 投稿コンテスト」を開催 じぶん視点の「ニュース」をマンガまたはイラストで

TBS NEWSと、ウェブサービスcakesとnoteを運営する株式会社ピースオブケイクは、「#マンガで報道局 投稿コンテストを2018年2月16日より開催しています。募集期間は2018年3月15日(木)まで。

 

じぶん視点の「ニュース」を、「1分程度」で読み切れるようなマンガ、または1枚のイラストで表現

あなたの普段の生活や、身の回りでみつけた、じぶん視点の「ニュース」を、「1分程度」で読み切れるようなマンガ、または1枚のイラストで表現してみませんか?

「#マンガで報道局 投稿コンテスト」では、「着眼点の面白さ(当事者性や批評性など)」と「社会問題の提起につながるか(啓発性や読後感)」を基準に審査が行われ、ストーリー、エッセイ、風刺、4コマなど作品の形態は問われません。

なお、応募段階での人気の度合いも審査の対象となります。入選された作品には、賞金最大40万円が贈呈されます。

コンテストの審査結果はCS放送『TBSニュースバード』で放送予定です。

 

「#マンガで報道局 投稿コンテスト」 募集概要

■募集期間:2018年2月16日(金)~2018年3月15日(木)

■発表:2018年3月下旬頃

■審査員:荻上チキさん(評論家)、プチ鹿島さん(時事芸人)、柿内芳文さん(編集者)、深津貴之さん(インタラクション・デザイナー)、池田誠さん(TBSテレビ報道局デジタル編集部/記者)

■募集作品
時事問題はもちろんのこと、あなたの普段の生活や身の回りでみつけた、じぶん視点の「ニュース」を、マンガやイラストで募集します。「1分程度」で読み切れるような分量のマンガ、またはイラストの形式で応募ください。ストーリー、エッセイ、風刺、4コマなど作品の形態は問いません。
例:日常のなにげない風景を切り取ったマンガ / 報道について感じていることを表したマンガ / 最新ニュースをモチーフにしたマンガ / 過去のできごとを思い起こさせるマンガ etc.

■応募方法
noteで「#マンガで報道局」をつけて投稿してください。応募の際は「無料公開」で公開してください。応募段階での人気の度合いも審査の対象になります。

■応募資格:プロ・アマは問いません。作者が著作権を保持している作品であればOKです。

■賞金
・グランプリ:賞金40万円(1名)
・準グランプリ:賞金20万円(1名)
・審査員特別賞:賞金 5万円(5名)
・佳作:賞金 1万円(10名)

※コンテストの審査結果はCS放送「TBSニュースバード」で放送予定です。
※応募作品は「TBS NEWS」のSNS等で連載される可能性があります。
※応募作品は地上波『TBSテレビ』で紹介される可能性があります。

★詳細は、http://tbsnews.note.mu をご覧ください。

 

TBS NEWSとは

TBSテレビをキー局とする、日本の民放テレビニュースネットワーク・JNN(Japan News Network)が取材した国内外のニュースを、WEBやSNSなどで展開。

フェイスブックでは、民放のニュース公式アカウントとしては最大となる約15万人がフォロー中。noteでは「ニュースが少しだけスキになるノート」from TBSとして、人の顔が見える「小さな物語」を中心に更新中。

★「TBS NEWS」サイトURL:http://news.tbs.co.jp
★「ニュースが少しだけスキになるノート」サイトURL:https://note.mu/tbsnews

 

noteとは

noteは、文章、写真、イラスト、音楽、映像などの作品を投稿して、クリエイターとユーザーをつなぐことができるウェブサービスです。

作品はブログやSNSなどと同様に無料公開ができ、ユーザー間で売買もできます。また、フォロー機能により、クリエイターとファンとの親密なリレーションを提供します。

noteにはこれまでに、約2,000,000件の記事がユーザーにより公開されています(2018年1月現在)。

★サイトURL :http://note.mu/

 
【関連】
#マンガで報道局 投稿コンテスト | TBS NEWS x note

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です