本のページ

SINCE 1991

浦沢直樹展「描いて描いて描きまくる -山口の巻-」山口県立美術館で2018年4月開催

浦沢直樹展「描いて描いて描きまくる -山口の巻-」山口県立美術館で2018年4月開催 ▲『20世紀少年』 (c)浦沢直樹・スタジオナッツ 小学館

浦沢直樹展「描いて描いて描きまくる -山口の巻-」山口県立美術館で2018年4月開催 ▲『20世紀少年』 (c)浦沢直樹・スタジオナッツ 小学館

山口県立美術館、読売新聞社、KRY山口放送は、「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる -山口の巻-」を2018年4月20日(金)から6月17日(日)まで、山口県立美術館で開催します。

 

浦沢直樹さんの単行本一冊丸ごと分の原稿展示、構想メモ、ネーム、秘蔵イラスト・スケッチ、少年時代の漫画ノートまで

「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる」は、初の本格的な個展として、2016年から2017年にかけて東京、大阪で開催され好評を博しました。
本展は、2018年1月から3月までフランス(アングレーム、パリ)での開催(※)を経て、山口に凱旋するものです。

『YAWARA!』『パイナップルARMY』『MASTERキートン』『Happy!』『MONSTER』『20世紀少年』『PLUTO』『BILLY BAT』、そしてルーヴル美術館との共同プロジェクトとしてスタートした最新作『夢印-MUJIRUSHI-』と――発表してきた作品すべてを「代表作」と呼べる、稀代のヒットメーカー浦沢直樹さん。
本展では、単行本一冊丸ごと分の原稿展示をはじめ、ストーリーの構想メモ、ネーム、秘蔵のイラストやスケッチ、少年時代の漫画ノートまで、浦沢直樹さんのペン先の熱量に触れることができる膨大な手稿が公開されます。

 

浦沢直樹展「描いて描いて描きまくる -山口の巻-」開催概要

■展覧会名:浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる -山口の巻-

■会期:2018年4月20日(金)~6月17日(日)

■会場:山口県立美術館(山口県山口市亀山町3-1)

■主催:山口県立美術館、読売新聞社、KRY山口放送 ほか

■協力:スタジオ・ナッツ、小学館、講談社、世田谷文学館

■特別協力:長崎尚志さん、工藤かずやさん、勝鹿北星さん、手塚プロダクション

★展覧会公式サイト:https://www.urasawanaoki-ten2018.jp/

※開館時間やチケット料金など詳細は決定次第、公表されます。

 
【関連】
浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる 公式サイト

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です