本のページ

SINCE 1991

「第一回氷室冴子青春文学賞」 小説家・氷室冴子さんの功績を讃え文学賞創設

「第一回氷室冴子青春文学賞」 小説家・氷室冴子さんの功績を讃え文学賞創設

「第一回氷室冴子青春文学賞」 小説家・氷室冴子さんの功績を讃え文学賞創設

小説家・氷室冴子さんの功績を讃えて、氷室さんの出身地・北海道岩見沢市の有志が設立した氷室冴子実行委員会が主催となり、「氷室冴子青春文学賞」が創設されました。

 

「青春」をテーマに、まだ発見されていない優れた才能を発掘へ

氷室冴子さんは、少女小説の分野で新しい世界観を提示した、集英社コバルト文庫を代表する小説家です。本賞では「青春」をテーマにした作品を募集し、まだ発見されていない優れた才能を発掘します。

審査員は、映画・演劇プロデューサー・伊藤亜由美(いとう・あゆみ)さん、小説家・久美沙織(くみ・さおり)さん、小説家・辻村深月(つじむら・みづき)さんの三名です。

氷室冴子さんがかつて日本の小説のフロンティアを開拓したように、賞開催を通して、若い魂を揺さぶる小説を発掘し、物語の可能性を広げていくことを目指します。

なお、日本最大級の小説投稿サイト「エブリスタ」が、同賞の趣旨に賛同し、応募原稿受付の場として同賞に特別協力します。

 

「第一回氷室冴子青春文学賞」作品募集要項

■募集テーマ:「青春」をテーマにした小説を募集。「青春」の要素を含んだ作品であれば、ジャンルに制限はありません。

■募集文字数:20,000文字~60,000文字(400字詰め原稿用紙50枚~150枚)

■応募資格:年齢、性別、職業、国籍は問いません。

■応募期間:2018年1月15日(月)~ 2018年3月15日(木)

■応募方法:エブリスタ内特設ページ(https://estar.jp/_ofcl_evt_outline?e=153669)よりエントリー

■結果発表:2017年7月前半(予定)

◆受賞者は、2018年7月13日(金)に北海道岩見沢市で開催される授賞式に招待されます。

 

審査員プロフィール

■伊藤 亜由美(いとう・あゆみ)さん
北海道小樽市出身。株式会社クリエイティブオフィスキュー代表取締役。プロデューサーとして鈴井貴之監督作品「man-hole」「river」やTEAM NACS全国公演「LOOSER~失い続けてしまうアルバム」を皮切りに、数多くの作品で采配を振るう。食、観光、地域産品等北海道の様々な魅力を全国に伝えたいという思いから、映画『しあわせのパン』(2012年)、『ぶどうのなみだ』(2014年)を企画。

■久美 沙織(くみ・さおり)さん
1979年『少年ジュニア』にてデビュー。1984年から集英社コバルト文庫において発表した『丘の家のミッキー』シリーズで人気を博し、氷室冴子さんらとともに「コバルト四天王」として少女小説を中心に活躍した。SF、ゲームのノベライズ、ホラー、ミステリー、エッセイなど、多彩なジャンルで活動。 個人サイト 久美蔵(http://kumikura.jp/) にて『夢の音海の色』無料配信中。

■辻村 深月(つじむら・みづき)さん
1980年2月29日生まれ。千葉大学教育学部卒業。2004年『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞、『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞を受賞。他の著書に『スロウハイツの神様』『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』『かがみの孤城』などがある。

 

氷室冴子さん プロフィール

氷室冴子さんは、1957年、北海道生まれ。藤女子大学国文学科卒業。

『さようならアルルカン』で集英社の青春小説新人賞に佳作入選。累計800万部のヒットとなった「なんて素敵にジャパネスク」シリーズ、スタジオジブリによってアニメ化された『海がきこえる』などを執筆した少女小説家。

集英社の少女小説レーベル「コバルト文庫」の看板作家として人気を博す。2008年6月逝去。

 
【関連】
第一回氷室冴子青春文学賞|無料小説ならエブリスタ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です