本のページ

SINCE 1991

人類は”横浜駅”に支配された。・・・『横浜駅SF』がマンガ化

「横浜駅SF」|無料Webコミック「ヤングエースUP」

『横浜駅SF』が「ヤングエースUP」でマンガ化

『横浜駅SF』が「ヤングエースUP」でマンガ化

たしかに、永遠に続くのかと思うぐらい、いつまでも工事をしている横浜駅ですが、その横浜駅が自己増殖した世界を描く、柞刈湯葉さんのSF小説『横浜駅SF』がマンガ化されました。

原作は、投稿サイト「カクヨムの第1回カクヨムWeb小説コンテストのSF部門大賞を受賞した作品で、書籍化もされ、12月24日に発売されています。

その『横浜駅SF』が、今回、新川権兵衛さんが作画により、Webマンガサイト「ヤングエースUP」にて12月27日より連載がスタートしました。

改築工事を繰り返す<横浜駅>が、ついに自己増殖を開始。
それから数百年――JR北日本・JR福岡2社が独自技術で防衛戦を続けるものの、日本は本州の99%が横浜駅化した。
脳に埋め込まれたSuika で人間が管理されるエキナカ社会。
その外側で暮らす非Suika 住民のヒロトは、駅への反逆で追放された男から『18きっぷ』と、ある使命を託された。
はたして、横浜駅には何があるのか。人類の未来を懸けた、 横浜駅構内5日間400キロの旅がはじまる――。
横浜駅SF特設サイトより)

 
なお、”横浜”だからか、有隣堂伊勢佐木町本店では、
天下のハリーポッターを抜き、みんなお困り開脚ストレッチをも抜き、堂々1位です。」という売れ行き。

 
なお、『横浜駅SF』によくある勘違いとして、

・店舗の在庫検索を見たけど無かった ⇒ タイトルを「新横浜SF」と勘違いしていた
まあ、新幹線が停まりますしね。

・WEBで無料で読めるのになぜ本を買うのか ⇒ WEBから7万字書き下ろしが追加されている。田中達之先生の絵が入っている。つまりWEBとは全然違う。
それならば!

・横浜に行ったことがないからわからないかも ⇒ 本作中に横浜は出てこない。舞台は日本列島(沖縄除く)
ちょっと残念。

・横浜に行く用事がないから買えない ⇒ 横浜以外でも発売中
そりゃそうです。

・家の本棚に勝手に『横浜駅SF』が増えている ⇒ 戸締まりちゃんとして
それは増殖ではないと思う。

といった事例が掲載されています。

ということで(?)SF好きの方も鉄道好きの方も、両方好きな方、特にそうでもないという方も、よろしければご覧ください。

 
横浜駅SF (カドカワBOOKS) - 横浜駅SF (カドカワBOOKS)

 
【関連】
横浜駅SF特設サイト
ヤングエースUP – 完全無料のWebコミックサイト
カクヨム – 「書ける、読める、伝えられる」新しい小説投稿サイト
第1回カクヨムWeb小説コンテスト受賞7作品が書籍化 試し読みができる『カクヨムマガジン VOL.1』も配信 | 本のページ
完全無料のWebコミックサイト「ヤングエースUP」 | 本のページ
小説投稿サイト「カクヨム」・・・KADOKAWA × はてな 共同開発 | 本のページ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です