本のページ

SINCE 1991

4コマ漫画専門SNS「4コマgram」が投稿作品に報酬を支払う「ギャランティプログラム」をスタート

4コマ漫画専門SNS「4コマgram」が投稿作品に報酬を支払う「ギャランティプログラム」をスタート

4コマ漫画専門SNS「4コマgram」が投稿作品に報酬を支払う「ギャランティプログラム」をスタート

2017年8月にスタートした日本初の4コマ漫画専門SNS「4コマgram」がサービス開始時から宣言していた「4コマ漫画でお小遣い稼ぎができるシステムを作る」という理念を具体化し、「ギャランティプログラム」をスタートさせました。

ブログやTwitterなどで4コマ漫画を公開している作家さんは、一般の人が思っている以上にたくさん存在しています。その中には世の中に広く知られていないけれど、すごい才能を持つ作家さんも多く存在しています。

そんな才能をより多くの人に知ってもらうために開始された4コマgramですが、「面白い4コマ漫画を描けば報酬がもらえる」というモチベーションを生み出すことで4コマ漫画業界を盛り上げようと、サービス開始当初から「ギャランティプログラム」が構想に入っていました。

「4コマgram」によると、当初の構想では広告収入の何割かをギャランティとしてプールし、稼いだPV数の割合に応じて報酬を分配するというものでした。ですが、今回、そこまでの収益を得る前に作家さんたちへの還元を決意し、赤字状態のままプログラムをスタートしたとのことです。

今回発表されている順位は、サービス開始時から現在までに閲覧されたPV数を元に計算されたものです。
ギャランティは11月末日に一度区切りを付けてその時の金額を作品ごとに支払われますが、上位の作家さんが限られてしまうことが懸念されますので、12月からは「作家ごと」にギャランティが分配されるとのことです。

作品ごとのPV数は少なくても、たくさん4コマ漫画を投稿してPV数を獲得したらギャランティが支払われることになり、実力差を埋めるチャンスが付加される予定です。

 
【関連】
4コマ漫画が無料で読み放題 | 4コマgram

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です