本のページ

SINCE 1991

AI書店員「ミームさん」がブックファースト新宿店に登場!あなたにオススメのミステリー作品を紹介してくれる!

AI書店員「ミームさん」がブックファースト新宿店に登場!あなたにオススメのミステリー作品を紹介してくれる!

AI書店員「ミームさん」がブックファースト新宿店に登場!あなたにオススメのミステリー作品を紹介してくれる!

書店取次大手のトーハンのほんをうえるプロジェクト(「ほんをうえる」)は、書店店頭にIoT(Internet of Things)、AI(人工知能)などの最新技術を導入して集客に繋げ、お客様と本との新たな出会いの場を創る施策「マクルーハンの本棚」の企画として、11月6日よりブックファースト新宿店でAI書店員「ミームさん」の取組みの実験を開始しました。

 

AI書店員「ミームさん」があなたにオススメのアガサ・クリスティー作品を紹介

プロジェクト「ほんをうえる」は、11月6日よりブックファースト新宿店でAI書店員「ミームさん」の取組みの実験を開始。このAI書店員の仕組みは、株式会社sMedioとの共同開発となり、同店で開催中のアガサ・クリスティーフェアと連動します。

 
店頭に置かれたモニターの前でスタートボタンを押すと、「ミームさん」に搭載されたカメラを通じてAIがお客様の特徴を瞬時に判断、合わせて「うれしい」「普通」「悲しい」の表情を読み取ります。

お客様にお薦めの作品を、特徴と表情をかけあわせた結果により導き出し、アガサ・クリスティーフェア51作品の中から1冊をお薦め、店内で展開中のフェア売場へと案内します。

選書は早川書房が行い、AXNミステリー(株式会社ミステリチャンネル)が映像を提供。

 

「AI書店員」について

「AI書店員」は、トーハンとsMedioが共同で企画、開発し、sMedioが、顔認識AIを搭載したサイネージシステムの開発全般を担当しています。

本施策用のシステムは、店舗用デジタルサイネージシステム(小型PC、カメラ、32インチモニタ)に顔認識AIソフトウェアを搭載したもので、デジタルサイネージの画面を見ている人物の顔の映像から、性別、年代、表情を瞬時に推定し、表示内容を変更することが可能です。
表示内容の判定は顔認識AIによるリアルタイムの映像解析をもとに行われ、個人を特定したり、映像を録画・保存しないようにプライバシーには配慮しています。

「AI書店員」では、顔認識AIの検出対象を、あえて画面正面に立っている1名の視聴者のみに限定。デジタルサイネージの表示も対話型の内容とすることで、視聴者一人一人に最適なお薦め作品を表示できるようになっています。

 

「マクルーハンの本棚」とは

「メディアはメッセージである」と主張した文明評論家の名を取り、「書店店頭もメディアであり、店主のメッセージを発信する場所である」ことを表現しています。

 
【関連】
「AI書店員ミームさん」とのコラボ企画「クリスティー文庫フェア」稼働!
株式会社トーハンと、顔認識AIソフトウェアによる 書店向けマーケティング・プロモーション施策 “AI書店員” を共同開発|株式会社sMedio
AXNミステリー 特集「アガサ・クリスティーからのXmasプレゼント」「AI書店員」コラボレーション 〔PDF〕
新宿西口の書店ブックファースト新宿店|店舗のご案内

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です