本のページ

SINCE 1991

純愛、不貞、三角関係、おひとりさま、修羅場、片思い…複雑すぎるペンギン社会をマンガ化!『下町ペンギン物語』が刊行

まつおるかさん作『下町ペンギン物語』

まつおるかさん作『下町ペンギン物語』

すみだ水族館(東京・押上)で暮らすペンギンたちの複雑すぎるペンギン関係をマンガにした『下町ペンギン物語』がKADOKAWAより刊行されました。

 
本書の作者は、海の生き物に造詣が深いマンガ家・まつおるかさん。人間と同じように恋に悩み、時には人間以上(!?)に激しい恋の争いが起こるなど、日々たくましく生きるペンギンたちの愛らしい日々を届けます。

『下町ペンギン物語』より

『下町ペンギン物語』より

『下町ペンギン物語』より

『下町ペンギン物語』より

さらに「ペンギンがカップルになるまでのステップは?」「たくさんいるペンギンをどうやって見分けているの?」「おひとりさま(独身)のペンギンっているの?」など、すみだ水族館で暮らすマゼランペンギンの生態も学ぶことができます。

 

下町ペンギン物語
まつおるか (著)

人間より複雑なペンギン社会で生きる、ペンギンたちの愛の記録

2022年5月、開業10周年を迎えた東京スカイツリー。そのおひざ元、下町に位置する「すみだ水族館」にはたくさんのペンギンが暮らしている。ペンギンたちが暮らすペンギン社会では、人間よりも複雑なペンギン関係を繰り広げられていた。初心な恋や、夫婦間のトラブル、ただならぬ男女関係、新しい命の誕生など、愛ゆえに水族館で巻き起こる激しく複雑な毎日を、海の生き物をこよなく愛する漫画家・まつおるかが描く。飼育スタッフのカメラが捉えた超貴重写真も掲載!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。