本のページ

SINCE 1991

現代韓国文学を代表する作家キム・ヨンスさんを深く知る2週連続オンライン講座「文学から考える哲学」を開催

現代韓国文学を代表する作家キム・ヨンスさんを深く知る2週連続オンライン講座「文学から考える哲学」を開催

現代韓国文学を代表する作家キム・ヨンスさんを深く知る2週連続オンライン講座「文学から考える哲学」を開催

NHK文化センター京都教室では、8月19日と8月26日の2週にわたり、「文学から考える哲学」と題したオンライン講座を開催します。

今回取り上げるのは、1993年のデビュー以来、世代や性別問わず多くの読者から愛され続ける作家、キム・ヨンスさんです。1週目は『世界の果て、彼女』の翻訳を担当したオ・ヨンアさんが講師となり、作品が支持される理由や文壇でのポジションなどを解説。2週目は、哲学者の岸見一郎さんが哲学の視点で小説を読み解いていきます。

 

ソン・ヘギョさん&パク・ボゴムさん主演のドラマ『ボーイフレンド』にも登場!キム・ヨンスさんを深く知る講座が開講

今回の講座は、現代韓国文学を代表する作家のひとり、キム・ヨンスさんの作品をじっくり味わう2週連続企画です。

 
ドラマ『ボーイフレンド』に登場し話題となった小説『世界の果て、彼女』(2014年/クオン)のほか、『波が海のさだめなら』(2022年/駿河台出版社)など、日本でも既に7冊が翻訳出版されているキム・ヨンスさん。平野啓一郎さんら日本の作家との交流も多く、韓国内でもキム・エランさん、チェ・ウニョンさんら若手作家からの人望も厚く、彼の生き方や精神性が多くの作品に息づいています。

 
1週目は、『世界の果て、彼女』を刊行する出版社クオンの伊藤明恵さんが聞き役となり、同作翻訳者のオ・ヨンアさんがその魅力を語ります。幅広い世代に支持される理由、文壇でのポジション、これからキム・ヨンス作品に触れる方へおすすめの1冊など、翻訳者ならではの視点で解説します。

 
さらに2週目は、60歳になって韓国語を学び始め、キム・ヨンスさんの著書をボロボロになるまで読み込んだという岸見一郎さんと共に『世界の果て、彼女』を「哲学」の視点で読み深めていきます。「文学」と「哲学」は全くの別ジャンルのように見えますが、共通する部分も多いと岸見さんは語ります。

『世界の果て、彼女』には7つの短編が収録され、登場人物たちが他者との出会いによって自分自身を見い出していきます。今回は、登場人物たちが歩む人生から、他者を理解するとはどういうことなのか、孤独との向き合い方などについてお話します。

 

オンライン講座「文学から考える哲学」概要

■受講形態:オンライン

■受講料金:NHK文化センター会員・一般(入会不要) 各日とも 受講のみ 3,300円(税込)
※書籍付きコースはプラス2,750円(税込)
※書籍付きコースをお申込みの方へは、特典の小冊子がつきます。

■主催:NHK文化センター京都教室

 
【翻訳者が語る キム・ヨンス作品の魅力】

■講師:オ・ヨンアさん(翻訳家)
■聞き手:伊藤明恵さん(出版社クオン)

■開催日時:2022年8月19日(金)19:00~20:30

★詳細&申込み:https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1250860.html

 
【文学から考える哲学~キム・ヨンス『世界の果て、彼女』を通じて~】

■講師:岸見一郎さん(哲学者)

■開催日時:2022年8月26日(金)19:00~20:30

★詳細&申込み:https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1250160.html

 
※2講座連続での講座ですが、どちらかのみのご受講も可能です。
※連続受講をされる方はお手数ですが、それぞれの申込み手続きをお願いします。

 

講師プロフィール

 
■オ・ヨンア(呉永雅)さん

在日コリアン3世。韓国文学翻訳院・翻訳アカデミー教授/梨花女子大通訳翻訳大学院講師。2007年、第七回韓国文学翻訳新人賞受賞。

訳書にキム・ヨンス『世界の果て、彼女』(クオン)、パク・サンヨン『大都会の愛し方』(亜紀書房)、ファン・ジョンウン『続けてみます』(晶文社)、イ・ラン『悲しくてかっこいい人』『話したりなかった日』(共にリトルモア)、ハ・テワン『すべての瞬間が君だった』(マガジンハウス)、イム・ジーナ『モノから学びます』(KADOKAWA)、チョ・ヘジン『かけがえのない心』(亜紀書房)、『秘密を語る時間』(柏書房)など。

 
■岸見一郎(きしみ・いちろう)さん

哲学者。1956年生まれ、京都府出身。日本アドラー心理学会認定カウンセラー・顧問。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学(西洋哲学史専攻)。専門の哲学と並行して、1989年からアドラー心理学を研究。精力的に執筆・講演活動を行っている。

著書に『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』(ともに共著、ダイヤモンド社)、『アドラー心理学入門』(ベスト新書)など多数。

 

世界の果て、彼女 (新しい韓国の文学)
キム・ヨンス(金衍洙) (著), 藤井久子 (編集), 鈴木千佳子 (イラスト), 呉 永雅 (翻訳)

多様な人物たちの生きる喜びと苦しみをユーモアで彩って綴る7編。
デビュー以来、21世紀の韓国文学の担い手と目され、高く評価されると同時に、多くの読者に支持されてきたベストセラー作家、キム・ヨンスの『世界の果て、彼女』です。 思いがけない出会いや、偶然の出来事から見えてくる人生の明暗を軽やかに語り、恋を、愛を、人と人が思いを分かち合うことで拓ける明日に向かう姿を見つめています。

 
【関連】
NHK文化センター京都教室:翻訳者が語る キム・ヨンス作品の魅力 | 好奇心の、その先へ NHKカルチャー
NHK文化センター京都教室:文学から考える哲学~キム・ヨンス『世界の果て、彼女』を通じて~ | 好奇心の、その先へ NHKカルチャー

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。