本のページ

SINCE 1991

hontoが本のタイトルを選べない【本のガチャ】第1弾「文庫版」を期間限定で販売

hontoが本のタイトルを選べない【本のガチャ】第1弾「文庫版」を期間限定で販売

hontoが本のタイトルを選べない【本のガチャ】第1弾「文庫版」を期間限定で販売

ハイブリッド型総合書店「honto」は、価格とテーマのみで本のタイトルは選べない状態で販売する商品「本のガチャ」をhonto本の通販ストアにて8月21日(日)までの期間限定で販売します。

 

「本のガチャ」とは

出版科学研究所の調べによると、年間で約7万タイトルの書籍新刊が毎年発行されています(出典:『出版月報』2022年1月号/発行指標「書籍・新刊」の2018年から2021年の新刊点数)。

hontoで販売される文庫本だけでも約6万タイトルのラインナップがあり、読みたい本を選び、購入する1冊を決めるためには多くの時間と手間がかかります。

 
「本のガチャ」は読みたいテーマを選ぶだけで、短時間で簡単に購入でき、何が届くかを楽しむという買い物体験も含めて提供するサービスです。

第1弾「文庫」を皮切りに、今後「新書」などのジャンルで展開していく予定です。

 

「本のガチャ」文庫版

「本のガチャ」とは、テーマに沿ってhonto書店員が選書した書籍を、価格とテーマのみで本のタイトルは選べない状態で販売する商品です。第1弾は6万タイトルある文庫から約100タイトルの「物語」に絞り、「短編集」「長編小説」「小学生から楽しめる小説」「本のギフト」の4つのテーマでhonto書店員が選書。読者には4商品12分類から商品を選んでもらい、選書の中からランダムに発送します。

★「本のガチャ」販売サイトURL:https://honto.jp/cp/netstore/2022/honnogacha.html

◆「短編のガチャ」
隙間時間に面白い本を読みたい、短時間で読み切りたい人向けの短編集の選書

◆「長編のガチャ」
じっくり時間をかけて読みたい、シリーズものに挑戦してみたい人向けの長編小説の選書

◆「小学生から読めるガチャ」
親子でも楽しめる本がほしい人、小説を読み慣れていない人、小中学生から楽しめる内容の小説の選書
(漢字にルビがない文庫も含まれるため、推奨年齢は小学校高学年以上となります。)

◆「ギフト付きのガチャ」
物語をプレゼントしたい、本好きの人へのギフトにぴったりの選書。丸善オリジナルブックカバーとしおりをセットにして、丸善オリジナルギフトボックスに入れてご指定のお届け先へ発送します。

写真:「ギフト付きのガチャ」セット例

写真:「ギフト付きのガチャ」セット例

※「ギフト付きのガチャ」のみ8月8日(月)からの販売開始予定です。

 
各商品を12種の分類から選びます

ヒューマンドラマ、SF、ホラー、ミステリー、青春、お仕事、食・グルメ、ファンタジー、旅、動物、名言格言、友情

 
■販売価格
◎単品(短編、長編、小学生ガチャ):書籍本体税込価格
◎ギフト付きのガチャ:書籍本体税込価格+ギフトセット1,930円(税込)
※ギフトセット内容:丸善ジュンク堂書店オリジナルボックス、ブックカバー、しおり

■販売期間:2022年8月1日(月)~8月21日(日)
※「ギフト付きのガチャ」のみ8月8日(月)からの販売開始予定です。

 

ハイブリッド型総合書店「honto(ホント)」について

ハイブリッド型総合書店 honto(ホント)は、ネット書店(本の通販ストア、電子書籍ストア)と、丸善、ジュンク堂書店、文教堂などのリアル書店を連携させた総合書店として2012年5月にサービスを開始し、2022年5月でサービス開始から10周年を迎えました。

ネット書店とリアル書店共通で利用できるhontoポイントサービスは、その後、啓林堂書店、戸田書店(9店舗)、函館栄好堂 丸井今井店など全国各地のリアル書店を加え、現在約180店舗で展開しています。

2022年8月現在、会員数740万人を突破しており、「読みたい本を、読みたい時に、読みたい形で」提供するサービスで本を愛する人をサポートしています。

 
【関連】
honto – 本のガチャ 文庫版 まだ見ぬ本との出会い! 届いてからのお楽しみ、書店員が選んだとっておきの文庫をランダムで販売:紙の本

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。