本のページ

SINCE 1991

「揚げ文学」ここに誕生!「食」エッセイの名手・平松洋子さんが史上初の“油揚げ”偏愛本『おあげさん』を刊行

平松洋子さん著『おあげさん』

平松洋子さん著『おあげさん』

「食」エッセイの名手・平松洋子さんが油揚げのことばっかりを書いた最新刊『おあげさん』がPARCO出版より刊行されました。

 

好きすぎて、もう何が何だか――油揚げのことばっかりを書いた29編

豆腐を薄く切って油で揚げた「油揚げ」。
いつも冷蔵庫にあって「出しゃばらないのに頼もしい」という存在は理想の男性像のようでもあり。煮てよし、焼いてよし、そのうえ安い!と、いうことなし。ごはんのおかずやつまみにもなる万能ぶり。

 
日本独特のこの健康食に異常な愛を見せる平松洋子さんがおくる、史上初の油揚げ本が誕生しました。

家族との思い出話、友人の打ち明け話、内田百閒の油揚げ、松山あげ、伊東のお稲荷さん、江戸時代の油揚げ、ミナミのきざみうどん、ショーケンから織田作之助まで。あふれる「揚げ愛」と食欲に満ちた偏愛本の極致、ここに。

油揚げにまつわるエッセイ、旅する油揚げエッセイ、油揚げ対談、日々の料理(お手軽レシピ)など29編(うち26編は書き下ろし)を収録。

 

著者プロフィール

著者の平松洋子(ひらまつ・ようこ)さんは、1958(昭和33)年生まれ。倉敷市出身。東京女子大学卒業。エッセイスト。世界各地に取材し、食文化と暮らしをテーマに執筆している。

著書に『買えない味』(Bunkamura ドゥマゴ文学賞受賞)、『野蛮な読書』 (講談社エッセイ賞受賞)、『父のビスコ』(第73回読売文学賞受賞)ほか多数。

 

おあげさん
平松 洋子 (著)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。