本のページ

SINCE 1991

人気作家×演奏家がクロストーク&コンサート「劇場が結ぶ、本と音楽の世界」を開催 宮下奈都さん×金子三勇士さん×外山洋司さん、平野啓一郎さん×大萩康司さん、林真理子さん×小林沙羅さん×望月哲也さん×河野紘子さんが出演

「劇場が結ぶ、本と音楽の世界」メインビジュアル

「劇場が結ぶ、本と音楽の世界」メインビジュアル

公益財団法人富山市民文化事業団は、人気作家と演奏家によるクロストーク&コンサート「劇場が結ぶ、本と音楽の世界」を2022年6~12月の全3回、富山市のオーバード・ホールで開催します。

 

「劇場が結ぶ、本と音楽の世界」開催概要

音楽をこよなく愛する作家と、日本を代表する演奏家たちが「言葉」と「音楽」で対話する、これまでにないコンセプトのコンサート・シリーズを、富山で初開催します。
毎回、今を時めく人気作家・演奏家が出演し、作品内に登場するクラシック音楽や、登場人物の心理描写などを深掘りしていきます。

なお、これまでオーバード・ホールでは、クラシック音楽の演奏会は多数開催してきましたが、作家を招いてトークと演奏会を行うイベントは初めての試みとなります。

 
■開催日時<全3回>
◎2022年6月16日(木)19時開演
◎9月15日(木)19時開演
◎12月3日(土)15時開演 

■会場:オーバード・ホール(富山県富山市牛島町9-28)
〔アクセス〕富山駅 北口正面 徒歩2分

■チケット <全席指定・税込>
[1回券]一般:3,000円/ジュニア:1,000円
[シリーズ通し券]一般:7,500円/ジュニア:2,400円
※ジュニアは小学生から高校生までが対象です。
※未就学児入場不可。

■チケット発売日:4月24日(日)~

■プレイガイド
◎アスネットカウンター(オーバード・ホール1階):TEL=076-445-5511/営業時間=10:00~18:00/定休日=月曜(月曜が祝日の場合、翌平日休み)
◎アスネットオンラインチケット(24時間予約可能):https://piagettii.s2.e-get.jp/aubade/pt/
◎チケットぴあ:https://t.pia.jp/ (Pコード:215-081)
◎ローソンチケット:https://l-tike.com/ (Lコード:54403)

■主催:公益財団法人富山市民文化事業団、富山市
■共催:北日本新聞社、北日本放送、FMとやま

★詳細:https://www.aubade.or.jp/static/special/book_and_music/

 

シリーズ紹介(全3回) ※敬称略

◆ナビゲーター(3公演共通):浦久俊彦(文筆家・文化芸術プロデューサー)

浦久俊彦(ナビゲーター/文筆家・文化芸術プロデューサー)_(C)新津保建秀

浦久俊彦(ナビゲーター/文筆家・文化芸術プロデューサー)_(C)新津保建秀

 
◇vol.1「羊と鋼の森」

■日時:2022年6月16日(木)19:00開演(18:00開場)

■出演者:宮下奈都(作家)、金子三勇士(ピアノ)、外山洋司(調律師)

宮下奈都(作家)_(C)堀田芳香

宮下奈都(作家)_(C)堀田芳香

金子三勇士(ピアノ)_(C)Seiichi Saito

金子三勇士(ピアノ)_(C)Seiichi Saito

外山洋司(調律師)

外山洋司(調律師)

2016年に本屋大賞を受賞、映画化もされ話題となった、若き調律師の物語『羊と鋼の森』。ピアノの音に魅せられた作家×世界的若手ピアニスト×カリスマ調律師が、様々な視点で作品の魅力に迫ります。

 
◇vol.2「マチネの終わりに」

■日時 :2022年9月15日(木)19:00開演(18:00開場)

■出演者:平野啓一郎(小説家)、大萩康司(ギター)

平野啓一郎(小説家)_(C)瀧本幹也

平野啓一郎(小説家)_(C)瀧本幹也

大萩康司(ギター)_(C)SHIMON SEKIYA

大萩康司(ギター)_(C)SHIMON SEKIYA

芥川賞作家・平野啓一郎のベストセラー小説で、2019年に福山雅治・石田ゆり子主演で映画化もされた『マチネの終わりに』。作中にも登場したクラシックギターの演奏とトークで作品の魅力を語り合います。

 
◇vol.3「マリコとオペラ」

■日時:2022年12月3日(土)15:00開演(14:00開場)

■出演者:林真理子(作家)、小林沙羅(ソプラノ)、望月哲也(テノール)、河野紘子(ピアノ)

林真理子(作家)

林真理子(作家)

小林沙羅(ソプラノ)_(C)NIPPON COLUMBIA

小林沙羅(ソプラノ)_(C)NIPPON COLUMBIA

望月哲也(テノール)_(C)FUKAYA Yoshinobu

望月哲也(テノール)_(C)FUKAYA Yoshinobu

河野紘子(ピアノ)

河野紘子(ピアノ)

音楽に造詣が深く、オペラ好きで知られる作家・林真理子のセレクトによる、珠玉のオペラ・アリアと魅惑のクロストーク。歌手とピアニストが奏でる極上の「音楽」と、繰り広げられるトークによる「言葉」で、オペラの魅力に触れるステージをご堪能ください。

 

ナビゲーターよりメッセージ

一曲の名曲は人生を謳い、一冊の名作は人生を語る――。

たった一冊の本との出会いが運命を変えたり、たった一曲の歌に救われることがあるように、本と音楽には、人生を動かす大きな力があります。文字で描かれた世界のなかにも音があり、音の世界のなかにも「ことば」が息づくように、もしかすると、このふたつはどこかでひとつにつながっているのかも知れません。

「本と音楽のすてきな出会い」をコンセプトに、 音楽をこよなく愛する作家と、日本を代表する演奏家による、これまでにないトーク&コンサート・シリーズが、いよいよスタートします。 なごやかなトークとともに美しい音楽を味わい、文学と音楽の新たな魅力に出会う、オーバード・ホールならではの、知的でおしゃれなコンサートです。

――浦久俊彦(文筆家・文化芸術プロデューサー)

 
【関連】
【劇場が結ぶ、本と音楽の世界<全3回>】2022年6・9・12月開催決定! | AUBADE HALL

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。