本のページ

SINCE 1991

出版社の三五館が事業停止

ノンフィクション書籍など中心に出版していた三五館(東京・新宿区)は10月5日、事業を停止し、事後処理を木村晋介弁護士(木村晋介法律事務所)に一任しました。

 
三五館は、1992年4月設立。主に健康、ビジネス、宗教関連の書籍を刊行しています。プロテニスプレーヤー・ノバク・ジョコビッチさんの『ジョコビッチの生まれかわる食事』、森永製菓のウイダートレーニングラボ管理栄養士・細野恵美さんの『一流アスリートの食事』、鈴木颯人さんの『一流をめざすメンタル術』や、女優・黒田福美さんの『夢のあとさき』やなどを出版しています。

この9月にも、林田明大さんの『評伝・中江藤樹』や、藤田紘一郎さんの『コスパ最強健康法43』が刊行されています。

 
東京商工リサーチによると、「ピークとなる平成27年3月期には売上高約3億2000万円をあげて」いましたが、「近年は活字離れや電子書籍の台頭など出版業界を取り巻く環境悪化に加え、出版物の売上伸び悩みから業績悪化が続き、29年3月期の売上高は約2億5000万円に減少。経営不振で事業継続が困難となり、今回の措置となった」とのことです。負債総額は約3億円。

 

一流アスリートの食事
錦織圭、浅田真央、高梨沙羅…
アスリートを進化させる奇跡の管理栄養士、衝撃のデビュー作!
一流アスリートたちを食事面から支え、そのパフォーマンスを劇的に改善させることで知られる“奇跡の管理栄養士”――森永製菓(株)ウイダートレーニングラボにて次々に実績をあげ、これまでの数多くのメディアで取り上げられてきた著者が、その勝負メシの作り方と、アスリートたちとの秘話を初公開。

 
【関連】
(株)三五館 : 東京商工リサーチ
三五館 公式サイト
三五館(公式)(@SANGOKAN35) | Twitter

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です