本のページ

SINCE 1991

分断と諦念にあえぐ日本に小説で革命を起こす!島田雅彦さん『パンとサーカス』刊行! トークショー&サイン会「島田大サーカス」を開催

島田雅彦さん著『パンとサーカス』

島田雅彦さん著『パンとサーカス』

島田雅彦さんの新作『パンとサーカス』(講談社)の刊行を記念して、豪華ゲスト出演のトークショー・サイン会「島田大サーカス」が4月24日(日)、東京・池袋Mixalive TOKYO(ミクサライブ東京)にて開催されます。

 

東京新聞で連載されていた島田雅彦さんの話題作『パンとサーカス』発売記念イベントが開催決定!

トークショーは二部制となっており、第一部は島田雅彦さん、前川喜平さん、立川談四楼さんの3名を招いて、作品について現在の情勢を踏まえてディープに語る「放談空中ブランコ(公聴会付き)」、第二部は「ドラマタイズ実験」としてアニメーション「銀河英雄伝説 Die Neue These」エグゼクティブプロデューサーである郡司幹雄さんをゲストに島田雅彦さんとトークを展開しつつ、俳優の高橋良輔さん(G-STAR.PRO所属)、安西慎太郎さん(G-STAR.PRO所属)両名により「作者セレクションの名シーン」の朗読を予定しています。

 
視聴は第一部・第二部で「会場視聴」と「配信視聴」に分かれており、第二部の会場視聴券を購入された方にはイベント後に島田雅彦さんのサイン会に参加できます。

 
<イベント「島田大サーカス『パンとサーカス』発売記念」開催概要>

■会場:Mixalive TOKYO B2F Hall Mixa
〔重視〕東京都豊島区東池袋1-14-3
〔URL〕https://mixalivetokyo.com/

■開催日程:2022年4月24日(日)
◎第一部:放談空中ブランコ(公聴会付き)15:00~16:00
◎第二部:ドラマタイズ実験 18:00~19:00
※第二部はイベント後会場視聴限定で1時間程度サイン会の実施を予定しています。

■料金
◇第一部
配信視聴チケット:1,500円(税込)
会場視聴チケット:3,000円(税込)
◇第二部
配信視聴チケット:1,500円(税込)
会場視聴チケット:4,000円(税込)※サイン会参加券付き

★イベント概要・チケット詳細URL:https://online.mixalivetokyo.com/blogs/shimada_bigcircus/about

 

出演者プロフィール

 
■島田雅彦(しまだ・まさひこ)さん

1961年生まれ。東京都出身。1984年東京外国語大学ロシア語学科卒業。在学中の1983年『優しいサヨクのための嬉遊曲』でデビュー。芥川賞選考委員。法政大学国際文化学部教授。

主な作品に『夢使い』、『彼岸先生』(泉鏡花賞)、『自由死刑』、『退廃姉妹』(伊藤整文学賞)、『悪貨』、『虚人の星』(毎日出版文化賞)、『君が異端だった頃』(読売文学賞)、『スノードロップ』ほか多数。

 
【第一部 放談空中ブランコ(公聴会付き)出演者】

 
■前川喜平(まえかわ・きへい)さん

1955年生まれ。奈良県出身。1979年東京大学法学部卒業、文部省入省。1984年英国ケンブリッジ大学で国際関係学修士。
ユネスコ代表部一等書記官、文部大臣秘書官、中央省庁改革本部参事官、大臣官房長、初等中等教育局長などを経て、2016年文部科学事務次官。

2017年退官。現在、現代教育行政研究会代表、日本大学文理学部講師、福島市と厚木市で自主夜間中学のスタッフ。

著書に『面従腹背』『権力は腐敗する』(いずれも毎日新聞出版)など。

 
■立川談四楼(たてかわ・だんしろう)さん

1951年生まれ。群馬県出身。落語家、作家、書評家。

1970年談志さんに入門 立川寸志となる。1975年二つ目昇進 談四楼に。1983年落語協会を脱退 同年立川流真打第1号に。口も立ち筆も立川談四楼を標榜。

著書に小説『シャレのち曇り』『ファイティング寿限無』『師匠』『一回こっくり』、ロングセラーに『声に出して笑える日本語』がある。他著書多数。

 
【第二部 放談空中ブランコ出演者】

 
■郡司幹雄(ぐんじ・みきお)さん

「攻殻機動隊 Stand Alone Complex」を観て感動したことがきっかけで、金融業界からアニメーション制作会社のProduction I.Gへ転職した異例の経歴の持ち主。その後同社の親会社IGポートの役員に就任。2021年には同グループ会社であるWIT STUDIOの副社長に就任。

エグゼクティブ・プロデューサーを務める「銀河英雄伝説 Die Neue These」は、新作アニメーション「銀河英雄伝説 Die Neue These 激突」が2022年3月4日に第一章が劇場イベント上映された。4月1日(金)に第二章、5月13日(金)に第三章が日本において上映となる。

 
■朗読:高橋良輔(たかはし・りょうすけ)さん

<出演>
◆時速 246 億「バック・トゥ・ザ・ホーム」シリーズ
◆「ONLY SILVER FISH」主演 マシュー役
◆「魍魎の匣」 関口巽役
◆ウルトラマントリガー俊敏策士ヒュドラム(声担当)
◆TX「超星艦隊セイザーX」主演:安藤拓斗/ライオセイザー役
他出演作多数

 
■朗読:安西慎太郎(あんざい・しんたろう)さん

<出演>
◆「象」 主演 松山悠太 役
◆自主制作舞台 「カプティウス」(一人芝居)
◆明治座の変~麒麟にの・る~ 主演 織田信長役
◆「絢爛とか爛漫とか」 主演 古賀大介役
◆「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」
オフィーリア / ホレーシオ 役
他出演多数

 

パンとサーカス
島田 雅彦 (著)

政治的関心を失った民衆には、食料(パン)と見世物(サーカス)を与えておけば支配は容易い。
戦争、犯罪、天災、疫病――どれもがサーカスとなる。

ヤクザの二代目、右翼のフィクサー、内部告発者、ホームレス詩人……
世直しか、テロリズムか? 諦めの横溢する日本で、いざ、サーカスの幕が上がる!

「私の暴走にどうかお付き合いください」 ――島田雅彦

不正隠蔽の犠牲となった父親の復讐を果たすため、CIAエージェントになった男は、日・米両政府の表と裏を巧みに欺き、いつしか日本国民の仇をとる。

 
【関連】
島田大サーカス 『パンとサーカス』発売記念イベント開催決定! – ミクサライブonline

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。