本のページ

SINCE 1991

【ノーベル文学賞】カズオ・イシグロさんが受賞 長崎県出身

スウェーデン・アカデミーは10月5日、2017年のノーベル文学賞を、日本出身のイギリス人作家、カズオ・イシグロさん(62)に授与すると発表しました。

授賞理由について、「我々が世界とつながるという幻想的な感覚、その深淵を、偉大な感情の力をもって明らかにした」としています。

イシグロさんには、賞金900万スウェーデンクローナ(約1億2400万円)が贈られます。授賞式は12月10日にストックホルムで開催。

 
カズオ・イシグロさんは、1954年長崎市生まれ。両親はともに日本人。海洋学者の父の仕事の関係で、5歳の時に家族とともに渡英。1982年にイギリス国籍を取得。ロンドン在住。

『遠い山なみの光』で1982年に長編デビュー。同作で王立文学協会賞を受賞。

1989年には『日の名残り』で、英語圏で最高の文学賞といわれるブッカー賞を受賞。同作はジェームズ・アイヴォリーさん監督、アンソニー・ホプキンスさん主演で映画化されました。

2005年刊行の『わたしを離さないで』は、キャリー・マリガンさんら主演で映画化され、日本でも2016年に綾瀬はるかさん主演で連続ドラマ化されています。

1995年に大英帝国勲章(オフィサー)を、1998年にフランス芸術文化勲章を受章。

 

■長編第1作
遠い山なみの光 (ハヤカワepi文庫)
故国を去り英国に住む悦子は、娘の自殺に直面し、喪失感の中で自らの来し方に想いを馳せる。戦後まもない長崎で、悦子はある母娘に出会った。あてにならぬ男に未来を託そうとする母親と、不気味な幻影に怯える娘は、悦子の不安をかきたてた。だが、あの頃は誰もが傷つき、何とか立ち上がろうと懸命だったのだ。淡く微かな光を求めて生きる人々の姿を端正に描くデビュー作。王立文学協会賞受賞作。

 
■長編第2作
浮世の画家 (ハヤカワepi文庫)
戦時中、日本精神を鼓舞する作風で名をなした画家の小野。多くの弟子に囲まれ、大いに尊敬を集める地位にあったが、終戦を迎えたとたん周囲の目は冷たくなった。弟子や義理の息子からはそしりを受け、末娘の縁談は進まない。小野は引退し、屋敷に篭りがちに。自分の画業のせいなのか…。老画家は過去を回想しながら、みずからが貫いてきた信念と新しい価値観のはざまに揺れる―ウィットブレッド賞に輝く著者の出世作。

 
■長編第3作
日の名残り (ハヤカワepi文庫)
品格ある執事の道を追求し続けてきたスティーブンスは、短い旅に出た。美しい田園風景の道すがら様々な思い出がよぎる。長年仕えたダーリントン卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸内で催された重要な外交会議の数々―過ぎ去りし思い出は、輝きを増して胸のなかで生き続ける。失われつつある伝統的な英国を描いて世界中で大きな感動を呼んだ英国最高の文学賞、ブッカー賞受賞作。

 
わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)
自他共に認める優秀な介護人キャシー・Hは、提供者と呼ばれる人々を世話している。キャシーが生まれ育った施設ヘールシャムの仲間も提供者だ。共に青春 の日々を送り、かたい絆で結ばれた親友のルースとトミーも彼女が介護した。キャシーは病室のベッドに座り、あるいは病院へ車を走らせながら、施設での奇 妙な日々に思いをめぐらす。図画工作に極端に力をいれた授業、毎週の健康診断、保護官と呼ばれる教師たちの不思議な態度、そして、キャシーと愛する人々 がたどった数奇で皮肉な運命に……。彼女の回想はヘールシャムの驚くべき真実を明かしていく――英米で絶賛の嵐を巻き起こし、代表作『日の名残り』を凌駕する評されたイシグロ文学の最高到達点。解説/柴田元幸。

 
【出版社からのコメント】
著者のどの作品をも超えた鬼気迫る凄みをこの小説は獲得している。現時点での、イシグロの最高傑作だと思う
――柴田元幸(本書解説より)

英米でベストセラーとなったカズオ・イシグロの最新長篇『わたしを離さないで』は、発売後ただちに《タイム》誌のオールタイムベスト
100(1923~2005年発表の作品が対象)に選ばれる快挙を成し遂げただけでなく、《ニューヨーク・タイムズ》《パプリッシャーズ・ウィークリ ー》《シアトル・タイムズ》《グローブ・アンド・メール》の主要紙誌においても2005年のベストブックの一冊に選定された。また、ヤングアダルトの読 者に読ませたい成人図書に与えられるアレックス賞を受賞したほか、ブッカー賞、全米批評家協会賞、コモンウェルス賞、BBCブッククラブ賞の最終候補に もなるなど、2005年に発売された英語圏の小説でもっとも話題になった一冊だ。 –このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

 
忘れられた巨人
アクセルとベアトリスの老夫婦は、遠い地で暮らす息子に会うため長年暮らした村を後にする。若い戦士、鬼に襲われた少年、老騎士…さまざまな人々に出会いながら雨が降る荒れ野を渡り、森を抜け、謎の霧に満ちた大地を旅するふたりを待つものとは―。失われた記憶や愛、戦いと復讐のこだまを静謐に描くブッカー賞作家の傑作。

文庫版は10月19日発売予定です。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です