本のページ

SINCE 1991

上白石萌音さんが翻訳家デビュー!上白石さん×翻訳家・河野万里子さん「ラジオ英会話」テキストの人気連載を書籍化

「翻訳書簡 『赤毛のアン』をめぐる旅」

「翻訳書簡 『赤毛のアン』をめぐる旅」

NHKラジオ「ラジオ英会話」テキストでの上白石萌音さんと翻訳家の河野万里子さんによる連載「翻訳書簡 『赤毛のアン』をめぐる旅」の書籍化が決定しました。書籍オリジナルの新規要素も多数収載し、2022年7月に刊行予定(書名・定価など詳細は決定次第、後日発表予定)です。

 

『赤毛のアン』のことばに寄り添って

俳優、歌手、ナレーターなど、その活躍はとどまるところを知らない上白石萌音さん。“朝ドラ”「カムカムエヴリバディ」で流暢な英語を披露するなど、高い語学力でも知られています。

 
そんな上白石萌音さんは2020~21年度「ラジオ英会話」テキストの連載にて、世界文学の名作『赤毛のアン』の名場面を、ベストセラー翻訳家の河野万里子さんの指導を受けながら翻訳を続けてきました。

往復書簡の形で、上白石さんが訳した日本語を河野さんが添削し、それを受けて上白石さんが再度訳す…その過程で上白石さんのことばが磨かれていくのが本連載の読みどころです。

 
読者からの反響も大きいこの人気連載が、新規要素を多数収載した上で、書籍化することが決定しました。上白石さんの瑞々しい訳文が練り上げられていく様子を、ぜひ書籍の形でお楽しみください。

「ラジオ英会話」3月号より

「ラジオ英会話」3月号より

「ラジオ英会話」3月号より

「ラジオ英会話」3月号より

 
<書籍オリジナルの要素もたっぷり!>

書籍化にあたり、新たな書き下ろしや書籍ならではのコンテンツを豊富に収載。

◎最後の名文句が印象的な『赤毛のアン』ラストシーンの翻訳書簡
◎英語初心者でも安心な、訳注の大幅加筆
◎上白石萌音さんによる「模範解答」の翻訳例の日本語朗読
……などを収載予定です。

 

著者プロフィール

 
■上白石萌音(かみしらいし・もね)さん

1998年生まれ。鹿児島県出身。2011年、第7回「東宝シンデレラ」オーディション審査員特別賞受賞。俳優のほか歌手、ナレーター、声優など幅広く活躍。

2021年にはエッセイ集『いろいろ』(NHK出版)で文筆デビューも果たす。 2021年度後期連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」では初代ヒロイン・安子役を演じる。2022年2月からの舞台「千と千尋の神隠し」では主演を務める。

 
■河野万里子(こうの・まりこ)さん

1959年生れ。上智大学外国語学部フランス語学科卒業。英語、フランス語の翻訳家。

主な訳書にウィリアムズ『自閉症だったわたしへ』、ボーム『オズの魔法使い』、サン=テグジュペリ『星の王子さま』、サガン『悲しみよ こんにちは』、レヴィ『あたしのママ』など。グランベール『神さまの貨物』が2021年本屋大賞翻訳小説部門第2位に。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。