本のページ

SINCE 1991

警察小説の新旗手・吉川英梨さんが“登場人物が勝手に話し出す言葉を書き留める”という独自の執筆法、脚本家を志した過去を語る

警察小説の新旗手・吉川英梨さんが“登場人物が勝手に話し出す言葉を書き留める”という独自の執筆法、脚本家を志した過去を語る

警察小説の新旗手・吉川英梨さんが“登場人物が勝手に話し出す言葉を書き留める”という独自の執筆法、脚本家を志した過去を語る

1億人の本と本屋の動画投稿サイト「本TUBE」を運営する旭屋書店では、10月16日から各店舗で“若者も楽しめる警察小説”にて、作家・吉川英梨さんの新刊『十三階の女』を取り上げるのに連動して、吉川さんへのインタビューも実施しました。

★本編再生はコチラ!
http://www.hon-tube.com/pc/movie.php?movieid=2143

 

吉川英梨さんに、脚本家を志した過去が…

旭屋書店では、作家・吉川英梨さんの最新作『十三階の女』発売を記念し、著者インタビューを実施しました。

吉川さんといえば、2008年に『私の結婚に関する予言38』で日本ラブストーリー大賞エンタテインメント特別賞を受賞し作家デビュー。テレビドラマ化された『アゲハ 女性秘匿捜査官・原麻希』をはじめとする「女性秘匿捜査官・原麻希」シリーズ、「新東京水上警察」シリーズなどで人気を博しています。

警察小説の新旗手として注目を集めている吉川さんに、そのバックグラウンドを訊ねています。

「もともとミステリーが子供の頃から好きだったのもあるんですけど、私の世代って『踊る大捜査線』に夢中になった世代なんです。本を書く仕事をやっていなかったら、警視庁の採用試験を受けたんじゃないかというくらい憧れがありました。」

その後、吉川さんは小説家をストレートに目指したのではなく、まずは脚本家を志しました。修行を積んで応募原稿を送り始めますが――。

「原稿を応募したことで、映画製作会社のプロデューサーさんから声がかかって、現場に入って何本も企画を書きました。でも、なかなかデビューの縁がなかったんです。その後は脚本家を離れて、別の仕事をしていました。脚本家への未練はわりとなくて、政治の勉強をしていた時期もありましたね。そして、新たに大学に行きたいと思ったんです。その学費を何とか稼げないかなと思って、『物語ならすぐ書ける』と気づいたんです。偶然、宝島社さんの日本ラブストーリー大賞の締め切りが一か月後で、2、3週間で書いたのが初めての小説でした。」

脚本の世界では何本書いてもだめだった吉川さんですが、小説作品は一発で日本ラブストーリー大賞エンタテインメント特別賞を受賞することに。“小説の方に行けっていうことだったんですかね?”と、吉川さんは振り返ります。

 

「登場人物が勝手に話し出す言葉を書き留める」

『十三階の女』は、テロリストを愛し、女さえも武器にしながら、男社会で立ち回って国家を守り続ける、魅力的な女刑事が主人公となっています。これらのキャラクターはいかにして生まれ、どのように作品となっていったのか? 執筆の背景を語っていただいています。

「刑事モノですから主人公は捜査能力が高くないとダメなんですよ。運で解決したとかじゃ説得力がない。キャラクターって完璧だと誰も感情移入できないので、どこかで欠落を作らないといけない。今回の主人公・黒江律子の欠落は何なんだろう? って考えたときに、真面目過ぎるがゆえの暴走、女であるがゆえにこうせざるを得なかったというところだと考えました。」

あとは下手な特徴はつけない、というのが吉川さん流の執筆法なのだとか。というのも、吉川さんにしか分からない独特な感覚があるらしく――。

「この感覚を話すのは難しいんですけど、登場人物は“勝手に喋らせておく”という感じです。物語が始まると、台詞とかも目の前で繰り広げられていて、それを書き留めるような作業に近いですね。だから第一稿はもっと長くて完成時の1.5倍くらい。ひどい時は3倍くらいで、台詞も『え?』とか『ん?』とか『・・・』とかが多い。いつもをそこを本にする過程で原稿を削ってきれいに読みやすくしているんです。」

完成時にはぎっしり凝縮されているという吉川作品だからこそ、圧倒的なスピード感に引き込まれて一気に読んでしまう。男性のイメージが強い、長すぎて途中で飽きてしまう・・・など、これまでどこか警察小説に抵抗のあった方も、『十三階の女』は、苦手意識を払拭するきっかけとなる一冊なのではないでしょうか。

 

本TUBEとは

著者出演動画数は国内最大級。本屋が作った動画で気軽に”本”と出会えるコミュニティサイトです。

読んでみたくなる本が動画で見つかる、読んだ本の記録や整理できる本棚機能など、毎日の読書がもっと楽しくなるコンテンツが盛りだくさんです。

★URL:http://www.hon-tube.com/
★公式Twitter:https://twitter.com/hontube
★公式Facebookページ:https://www.facebook.com/hontube2017/

 

十三階の女
圧巻のインテリジェンス小説が誕生! 警察庁の公安秘密組織『十三階』。
この組織は国家の異分子を排除すためには、ときに非合法な捜査も厭わない。
若き刑事・黒江律子は北陸新幹線爆破テロを起こした『名もなき戦士団』を殲滅するため、女を使ってまで捜査にまい進する。
接触したテロリストを愛してしまったかもしれない――
捜査の過程で悩み苦しむ律子は首謀者「スノウ・ホワイト」を逮捕できるのか!?

 
【関連】
【著者出演】十三階の女 吉川英梨 | 本の動画投稿コミュニティサイト「本TUBE」

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です