本のページ

SINCE 1991

俳人・夏井いつきさん第3句集『伊月集 鶴』が刊行 著者の50代の作品に、コロナ禍に詠んだ26句を加えた珠玉の515句を収録

夏井いつきさん著『伊月集 鶴』

夏井いつきさん著『伊月集 鶴』

俳人・夏井いつきさんの第3句集『伊月集 鶴』が朝日出版社より刊行されました。

 

鶴を抱くやうな余生をたのしまん (「あとがき」より)

『伊月集 龍』『伊月集 梟』に続く第三句集『伊月集 鶴』は、五十代の作品を中心にまとめたものだ。

 
三十年近く前、第八回俳壇賞をいただいた時、「統一感がない」という審査員の評言を心に刻み精進しようと思ったのだが、如何せん、我が好奇心は一方向を向いてくれず、統一感のない作品を作り続けてきた。
が、この歳になって、いまさら全方向全天候型の好奇心をなだめたところでどうなる? という開き直りも生まれてきた。ありとあらゆる多種多様な句を作りたいという思いを、敢えて封ずることもなかろうと。そんな理由から、二十句一組の作品をさまざまに構成する方法を思いついた。百色の色鉛筆の箱のような色とりどりの作品を楽しんでいただけたら幸いだ。

 
五十代の句集を早くまとめねばと思っている間に、コロナ禍に突入し、時間が無為に過ぎた。余録「青き踏め」二十六句はその時期の作品。この艱難を共に生きるエールとして付け加えた。

 
五十代の作品をまとめてしまえば、我が好奇心はすでに次に向かって動き出す。ますます俳句が楽しくてたまらない六十代を、真剣に遊びつくす。そんな日々が始まっている。(夏井いつき)

コロナ禍に詠んだ俳句も収録

コロナ禍に詠んだ俳句も収録

 

本書の目次

・鶴の章 〈鶴食うてよりことのはのおぼつかな〉

・お降りの章 〈お降りや壺に緋いろの鳥しづか〉

・暖かの章 〈暖かをまるめたやうな小石かな〉

・陽炎の章 〈心臓部らし陽炎のあのあたり〉

・時鳥の章 〈水に根のひろがる夜の時鳥〉

・百合の章 〈一本の百合のごとくに戦はぬ〉

・月の章 〈二つ目の月産み落としさうな月〉

・黄落の章 〈百年を旅して黄落の一本〉

・余録 「青き踏め」

・あとがき 〈鶴を抱くやうな余生をたのしまん〉

 

著者プロフィール

著者の夏井いつき(なつい・いつき)さんは、昭和32年生まれ。松山市在住。俳句集団「いつき組」組長。俳都松山大使。

「第8回俳壇賞」「第44回放送文化基金賞」「第72回日本放送協会放送文化賞」「第4回種田山頭火賞」受賞。著書に『超辛口先生の赤ペン俳句教室』『夏井いつきのおウチde俳句』、句集『伊月集 龍』『伊月集 梟』等多数。

★月額会員制Webサイト「夏井いつきのおウチde俳句くらぶ」:https://ouchidehaiku.com/

 

句集 伊月集 鶴
夏井 いつき (著)

夏井いつきの待望の第三句集。
著者の50代の作品に、コロナ禍に詠んだ26句を加えた珠玉の515句を収録。

<既刊>

句集 伊月集 龍
夏井 いつき (著)

絶版となって久しい夏井いつきの第一句集『伊月集』。
多くの方から”是非、復刊してほしい”との要望に応え、新装版としてここに蘇る!

『プレバト!!』(毎日放送/TBS)で講師をつとめる夏井いつきの第一句集の復刻。
絶版となっていた1999年刊行の夏井いつき第一句集『伊月集』が新装復刊されました。蘇る30歳代の珠玉330句。新たな前書きや表記も改め、今、『龍』となる。
時代が待っていた句群のあらためての登場です。

句集 伊月集 梟
夏井いつき (著)

夏井いつきの第二句集、装いを改め、復刊。
40代の句、400句を収録。

この十年は、師から学んできたことを自分なりにどう昇華していけばよいか、考え続けてきた年月だった。
憧れに縋りついているだけでは不甲斐ない弟子で終わってしまう。そんな己のひそやかな決意を師の前に差し出す400句。今回の句集はそんな緊張感に満ちた一冊でもある。
つながれぬ手は垂れ末黒野の太陽 いつき

さまざまな出会いの中で紡ぎ出される俳句もあれば、俳句から生まれる出会いもあるのだと知った。
人や花や草や鳥や風や雲やさまざまなものたちとの出会いが、私の中でどんな言葉として結球していくか。
これから始まる50代もたっぷり楽しみたいと思う。
(「あとがき」より一部抜粋)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。