本のページ

SINCE 1991

文豪・萩原朔太郎×イラストレーター・しきみさん「乙女の本棚」シリーズ『詩集『青猫』より』刊行

文豪・萩原朔太郎×イラストレーター・しきみさん「乙女の本棚」シリーズ『詩集『青猫』より』刊行

文豪・萩原朔太郎×イラストレーター・しきみさん「乙女の本棚」シリーズ『詩集『青猫』より』刊行

立東舎は、萩原朔太郎とイラストレーター・しきみさんんがコラボレーションした、「乙女の本棚」シリーズの最新刊『詩集『青猫』より』を刊行しました。

 

乙女の本棚シリーズに文豪・萩原朔太郎の名作が登場! イラストレーター・しきみさんとのコラボで『詩集『青猫』より』が発売に!

「乙女の本棚」とは、文豪の名作に、現代のイラストレーターが自由な感性でイラストを添える、絵本感覚で楽しめるコラボレーション・シリーズです。

 
シリーズ第24弾となる『詩集『青猫』より』は、ゲーム「刀剣乱舞」などで活躍する人気イラストレーター・しきみさんが、描き下ろしで多くのイラストを制作しています。オールカラーで、小説の世界をより豪華に楽しむことができる作品です。

 

著者プロフィール

 
■萩原朔太郎(はぎわら・さくたろう)

明治19年(1886年)生まれ。群馬県出身。詩人、小説家。「日本近代詩の父」と称される。

中学在学中に級友と共に『野守』という回覧雑誌を出して短歌を発表する。主な詩集に、『月に吠える』『純情小曲集』『宿命』などがある。「乙女の本棚」シリーズでは本作のほかに、『猫町』(萩原朔太郎+しきみさん)がある。

 
■しきみさん

イラストレーター。東京都在住。「刀剣乱舞」など、有名オンラインゲームのキャラクターデザインのほか、多くの書籍の装画やファッションブランドとのコラボレーションを手がけている。

著書に『魔術師』(谷崎潤一郎+しきみさん)、『桜の森の満開の下』(坂口安吾+しきみさん)、『夢十夜』(夏目漱石+しきみさん)、『押絵と旅する男』(江戸川乱歩+しきみさん)、『猫町』(萩原朔太郎+しきみさん)、『獏の国』がある。

 

詩集『青猫』より (立東舎 乙女の本棚)
萩原 朔太郎 (著), しきみ (著)

ああ このおほきな都会の夜にねむれるものは
ただ一疋の青い猫のかげだ

都会的な風景を妖しく切り取る名詩集。

萩原朔太郎の『青猫』が、有名ゲームのキャラクターデザインなどで知られ、本シリーズでは萩原朔太郎『猫町』、江戸川乱歩『押絵と旅する男』、夏目漱石『夢十夜』、坂口安吾『桜の森の満開の下』、谷崎潤一郎『魔術師』を担当する大人気イラストレーター・しきみによって描かれる。
名作文学と現代の美麗なイラストが融合した、珠玉のコラボレーション・シリーズ。
自分の本棚に飾っておきたい。大切なあの人にプレゼントしたい。そんな気持ちになる「乙女の本棚」シリーズの1冊。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です