本のページ

SINCE 1991

【訃報】劇画家・さいとう・たかをさんが死去 「ゴルゴ13」の連載は継続

劇画家のさいとう・たかを(本名:齊藤隆夫)さんが9月24日、膵臓がんのために死去しました。84歳。和歌山県出身。なお葬儀は、新型コロナウイルス感染症の状況を鑑み、親族のみで執り行われました。

 
さいとう・たかをさんは、1936年生まれ。1955年に『空気男爵』でデビュー。貸本向け漫画誌の中心的な存在として、大阪で精力的に活動。1960年『台風五郎』の大ヒットで不動の人気を獲得。

その後、活動拠点を東京に移し「さいとう・プロダクション」を設立。作品制作過程における分業化をはかり、脚本部門を設けるなど、プロダクション形態の劇画制作システムを構築します。

 
1975年に第21回小学館漫画賞、2002年に第31回日本漫画家協会賞・大賞を、ともに『ゴルゴ13』で受賞。2003年に紫綬褒章を受章。2004年に再び『ゴルゴ13』で第50回小学館漫画賞審査委員特別賞を受賞。2010年に旭日小綬章を受章。2018年に『ゴルゴ13』連載50年を迎えます。同年、和歌山県文化表彰文化賞の表彰 、翌2019年には名誉都民の顕彰を受けます。同年、第23回手塚治虫文化賞特別賞を受賞し、2020年で画業65周年を迎えました。社団法人日本漫画家協会理事。

 
代表作に、『ゴルゴ13』『影狩り』『無用ノ介』『雲盗り暫平』『バロム・1』『サバイバル』、『鬼平犯科帳』(原作:池波正太郎さん)、『仕掛人・藤枝梅安』(原作:池波正太郎さん)など。

 
1968年に連載を開始した『ゴルゴ13』は、今年7月に単行本201巻が発売され、「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」としてギネス世界記録に認定されました。

さいとう・たかをさん著『ゴルゴ13 201 最終通貨の攻防』

さいとう・たかをさん著『ゴルゴ13 201 最終通貨の攻防』

※今月には第202巻「アデン湾の餓鬼」が刊行されています。

 
なお、『ゴルゴ13』を連載中のビッグコミック編集部は、公式サイト(https://bigcomicbros.net/65270/)にて、「さいとう氏は生前から「自分抜きでも『ゴルゴ13』は続いていってほしい」という、いわば分業体制の究極とも言えるご希望を持たれ、さいとう・プロダクションを、そのような制作集団として再構築されました」とし、「今後は、さいとう・たかを氏のご遺志を継いださいとう・プロダクションが作画を手がけ、加えて脚本スタッフと我々ビッグコミック編集部とで力を合わせ『ゴルゴ13』の連載を継続していく」ことを発表しました。

 

ゴルゴ13 201 最終通貨の攻防 (SPコミックス)
さいとう・たかを (著)

コミック単行本発行巻数世界記録突破!!

仮想通貨ーーそれは既存の金融システムを一変させる力が。
その完成を阻止するために英国の金融一族が発明者と思われる数学者たちの抹殺を開始した。
一方、同様の依頼を受けたゴルゴも追跡を始めるのだが……
表題作『最終通貨の攻防』他『受難の帰日』『13年蝉の夏』全3編収録!!

ゴルゴ13 202 アデン湾の餓鬼 (SPコミックス)
さいとう・たかを (著)

コミック単行本発行巻数世界記録更新中! !

ソマリアの激しい内乱の恐怖で10歳の頃の記憶を失ったラタニア。
彼女の過去を取り戻す旅に同行することになったゴルゴ。
だがソマリアに入国したところで過激派組織に捕まり、首に時限爆弾を仕掛けられてしまったのだが……
表題作『アデン湾の餓鬼』 他『獣の穴』『白団回顧録』全3編収録! !

影狩り(1)
さいとう・たかを (著)

徳川封建社会、中期……幕府の経済が貧窮の一途をたどりつつある時代、幕府はお庭番を送り込み、大名たちの領地を取り上げようと画策した。そのお庭番、いわゆる“影”を狩る三人“影狩り”の物語である。

 
【関連】
さいとう・プロダクション公式サイト
訃報:さいとう・たかを氏 ご逝去 | ビッグコミックBROS.NET(ビッグコミックブロス)|小学館


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です