本のページ

SINCE 1991

貫井徳郎さん『邯鄲の島遥かなり』全3巻を3か月連続刊行 島に生きた、ある一族の150年の営み――明治維新から「あの日」の先までを、多彩な《17の物語》が鮮やかに映し出す!

貫井徳郎さん著『邯鄲の島遥かなり』上巻

貫井徳郎さん著『邯鄲の島遥かなり』上巻

ミステリー作家・貫井徳郎さんの大河小説『邯鄲の島遥かなり』の刊行がスタート、上巻が8月26日に新潮社より発売されました。

明治・大正編、戦前編、戦後編の全三巻、各巻千枚を3か月連続刊行。明治維新から現代まで、150年間の日本を架空の島に託して物語る一大サーガです。

 

150年の時、人々の営み――空前絶後、驚異の大河小説全3巻!

【あらすじ】

明治維新直後、神生島にイチマツが帰ってきた。島で一番の名家の跡取り、一ノ屋松造。神か仏のように人間離れした美貌のイチマツに、島の女たちは例外なく魅入られていく。イチマツの子供には、不思議なことに共通の徴が、身体のどこかにあった。そして、子供たちの子供たちにも、同じ徴が――。上巻には≪7つの物語≫を収録。

<著者コメント>

「小説家にとって一生に一度の作品があるなら、ぼくの場合はこの『邯鄲の島遥かなり』がまさにそれです。ぜひ読んでください。こんな面白い小説の作者になれて、本当に幸せです。」 ――貫井徳郎

 

著者プロフィール

著者の貫井徳郎(ぬくい・とくろう)さんは、1968(昭和43)年生まれ。東京都出身。早稲田大学卒業。1993(平成5)年、鮎川哲也賞の最終候補作『慟哭』でデビュー。本格ミステリーとしての巧緻な仕掛けと濃密な人間ドラマを執筆の中心に据えながら、さまざまな分野や手法に挑んだ意欲的な作品を、次々と発表している。

2010年『乱反射』で日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門、『後悔と真実の色』で山本周五郎賞を受賞。ほかに『迷宮遡行』『空白の叫び』『愚行録』『灰色の虹』『宿命と真実の炎』『罪と祈り』『悪の芽』などがある。

 

邯鄲の島遥かなり 上
貫井 徳郎 (著)

島に生きた、ある一族の百五十年の営み。渾身の大河小説三千二百枚、開幕! 神生島 にイチマツが帰ってきた。神か仏のような人間離れした美貌の一ノ屋松造に、島の女 たちは例外なく魅入られていく。イチマツの子供には、みな体のどこかに同じ徴が あった。またその子供たちにも――。明治維新から「あの日」の先までを、多彩な十 七の物語が鮮やかに映し出す。三ヵ月連続刊行スタート。

【中巻】https://amzn.to/3sPWISY
【下巻】https://amzn.to/3Dll1wS

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です