本のページ

SINCE 1991

本と出会うための本屋「文喫」と『文學界』8月号がコラボ!「ファッションと言葉」展を開催 藤澤ゆきさん×朝吹真理子さん・村田沙耶香さんトークイベントも

撮影:水谷太郎

撮影:水谷太郎

日本出版販売(日販)とリブロプラスが運営する本屋「文喫 六本木」は、7月7日(水)~8月9日(月・祝)の期間中、文芸誌『文學界』8月号(文藝春秋)とのコラボ企画「ファッションと言葉」展を開催します。

 

「文喫」×『文學界』のコラボ企画「ファッションと言葉」展を7月7日より開催!

今回の企画展では、『文學界』8月号(7月7日発売)の特集「ファッションと文学」の巻頭企画「『夢』と『記憶』から服を作る」とのコラボ企画として、<YUKI FUJISAWA>のデザイナー・藤澤ゆきさん、小説家の朝吹真理子さん村田沙耶香さんが共同制作した2着のワンピースを「文喫 六本木」に展示します。

 
また、ワンピースのテーマとなった「夢」「記憶」「断片」などのキーワードから選書した本や、『文學界』8月号の誌面には収まらなかった制作の様子、制作に用いられた「雲母」や箔などを展示します。

2人の小説家の言葉と記憶が、デザイナーの手によって、それぞれ洋服になっていく過程をご覧ください。

 
さらに、スタイリストやモデル、エディターなど、ファッション業界の前線で活躍する10名の書棚を覗いたブックリスト(『文學界』8月号掲載)から、書籍を紹介するコーナーも設置します。

加えて、ワンピースに使用された「記憶の箔」付き『文學界』8月号やYUKI FUJISAWAのアイテムの特別販売を行うとともに、7月16日(金)にはトークイベントを開催します。

 

企画展「ファッションと言葉」概要

■期間:2021年7月7日(水)~8月9日(月・祝)9:00~21:00
※東京都の感染拡大防止措置に従い、閉店時間を20:00に短縮する場合があります。

■入場料:平日1,650 円、土日祝1,980 円(いずれも税込)

■展示期間特別販売
(1)「記憶の箔」付き『文學界』8月号
今回のワンピースを制作する過程で生まれた箔のかけらを挟んだ『文學界』8月号を、「文喫 六本木」限定で販売します。すべて図柄が異なるため、店頭で手に取り、お好きな「記憶の箔」を選ぶことができます。
販売価格:1,040円(税込、通常の『文學界』8月号販売価格と同じ)

(2)YUKI FUJISAWAアイテム販売
◎NEW VINTAGE Tote bag シリーズ 2種 9,680円/14,960円
◎リバティマルチポーチ 4種 3,980円 (いずれも税込)

 

特別企画「2着のワンピースができるまで」トークイベント

会期中の7月16日(金)に、トークイベントを開催します。

 
■イベント名:「2着のワンピースができるまで ―藤澤ゆき×朝吹真理子・村田沙耶香トークイベント」

■開催日時:7月16日(金)19:00~21:00

■参加方法:店頭またはオンライン視聴

■定員(店頭参加):20名

■料金:
(1)店頭参加(文喫入場料+イベント参加+文喫限定「記憶の箔」付き『文學界』8月号)2,700円
(2)オンライン(イベント視聴+文喫限定「記憶の箔」付き『文學界』8月号、送料無料)2,100円
(3)オンライン(イベント視聴のみ)1,000円
※いずれも税込

★申込URL:https://bungakukai8fashion.peatix.com

 

『文學界』8月号について

『文學界』は、文藝春秋が刊行する月刊の文芸雑誌です。2021年2月号で通巻1,000号を迎えました。

 
8月号の特集は「ファッションと文学」。他のクリエイションの世界と同様、ファッションの現場にもクリエイターたちのかけがえのない思想があり、夢があり、倫理がある。なぜそれらはあまり言語化されてこなかったのか、また、小説家の言葉はファッションの世界にどう届くのか。ファッションをめぐる文学的試行の実践。

 

「2着のワンピースができるまで」トークイベント登壇者 プロフィール

 
■デザイナー:藤澤ゆき(ふじさわ・ゆき)さん

テキスタイル/デザインレーベル「YUKI FUJISAWA(ユキ フジサワ)」代表。2013年、多摩美術大学テキスタイルデザイン専攻卒業。

2019年、原美術館でインスタレーションを発表。近年の仕事にNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」タイトルバックのテキスタイルなど。

★HP:https://yuki-fujisawa.com/

 
■小説家:朝吹真理子(あさぶき・まりこ)さん

1984年生まれ。東京都出身。2009年『流跡』でデビュー。2010年、同作でドゥマゴ文学賞、2011年『きことわ』で芥川賞を受賞。

著作に『TIMELESS』、エッセイ集『だいちょうことばめぐり』などがある。

 
■小説家:村田沙耶香(むらた・さやか)さん

1979年生まれ。千葉県出身。2003年『授乳』で群像新人文学賞優秀賞を受賞し、デビュー。

2009年『ギンイロノウタ』で野間文芸新人賞、2013年『しろいろの街の、その骨の体温の』で三島賞、2016年『コンビニ人間』で芥川賞を受賞。

 

「文喫 六本木」概要

■住所:東京都港区六本木6-1-20 六本木電気ビル1F(TEL.03-6438-9120)

■営業時間:9:00~21:00(L.O. 20:30)
※東京都の感染拡大防止措置に従い、閉店時間を20:00に短縮する場合があります。

■定休日:不定休

★公式サイト:https://bunkitsu.jp/
★公式Twitter(@bunkitsu_rpng):https://twitter.com/bunkitsu_rpng
★Facebook https://www.facebook.com/bunkitsurpng/

 
【関連】
【7/16】2着のワンピースができるまで ー 藤澤ゆき × 朝吹真理子・村田沙耶香トークイベント – 文喫 BUNKITSU | 本と出会うための本屋。
【7月16日】2着のワンピースができるまで ー 藤澤ゆき × 朝吹真理子・村田沙耶香トークイベント | Peatix

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です