本のページ

SINCE 1991

原田マハさん著『リボルバー』が舞台化!「芸術新潮」7月号が主演・関ジャニ∞・安田章大さんインタビュー、原田マハさん(脚本)×行定勲さん(演出)対談を掲載

原田マハさん著『リボルバー』

原田マハさん著『リボルバー』

新潮社が発行する『芸術新潮』7月号では、原田マハさん著『リボルバー』の舞台化を特集しています

関ジャニ∞の安田章大さんは、7月にPARCO劇場で始まるゴッホの死の謎を巡る舞台『リボルバー』で主演を務めます。「人生の分岐点になりそう」な舞台への心意気を語っています。

原作と脚本を執筆した原田マハさん、演出を手がける行定勲さんは、対談の中で、貴重な舞台裏エピソードを披露してくれています。

 

ゴッホの死の謎を巡る舞台『リボルバー』を特集 主演の関ジャニ∞・安田章大さんインタビュー、原田マハさん(脚本)×行定勲さん(演出)対談も

後期印象派の画家で、日本にもファンの多いフィンセント・ファン・ゴッホ(1853~90)。昨年、新訳本『ファン・ゴッホの手紙 I・II』(新潮社)が刊行されましたが、10年前、アメリカの伝記作家により他殺説が提唱され、長く拳銃自殺とされてきた死の謎が話題となっています。

 
原田マハさんは、長編アート・ミステリ『リボルバー』(幻冬舎)でゴッホの死の真相に迫り、さらにこの原作を元に、舞台のための脚本を初めて書き下ろしました。演出を手がけるのは映画監督・行定勲さんです。

『芸術新潮』7月号

『芸術新潮』7月号

『芸術新潮』7月号では、7月に渋谷のPARCO劇場で開幕する舞台『リボルバー』で主役のゴッホを演じる安田章大さんにインタビュー、撮りおろしのグラビアを掲載しています。

自身も趣味で絵を描く安田さんは、ゴッホの享年を迎える今年の舞台が、人生の分岐点になりそうと、熱い思いを語っています。

初タッグを組む原田さん、行定さんも、令和の舞台に生身のゴッホをよみがえらせる企ての裏話を対談で披露してくれています。

 

プロフィール

 
■安田章大(やすだ・しょうた)さん

1984年生まれ。兵庫県出身。「関ジャニ∞」のメンバーとして、主にメインボーカル、リードギターを担当。俳優として、テレビドラマ、映画、舞台でも活躍中。

 
■原田マハ(はらだ・まは)さん

1962年生まれ。東京都出身。作家。2012年に『楽園のカンヴァス』で山本周五郎賞を受賞。2017年に『リーチ先生』で新田次郎文学賞を受賞。今年8月には原作を手がけた映画『キネマの神様』が公開予定。

 
■行定勲(ゆきさだ・いさお)さん

1968年生まれ。熊本県出身。映画監督。2001年に『GO』で日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞。舞台演出も手掛け、2016年には『タンゴ・冬の終わりに』で千田是也賞を受賞。

 

芸術新潮 2021年 7月号

◆ 第2特集 ◆
舞台『リボルバー』上演に向けて
21世紀のゴッホを血肉化する

PART I
主演・安田章大インタビュー
今年でゴッホの享年37歳。
人生の分岐点になりそうです。

PART II
対談 原田マハ×行定勲
小説家と映画監督の初コラボ、最高濃度の舞台裏は?

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です