本のページ

SINCE 1991

誕生45周年記念!「ねずみくんのチョッキ展 なかえよしを・上野紀子の世界」が銀座で開催 オンライン展覧会(ライブ配信)も

誕生45周年記念!「ねずみくんのチョッキ展 なかえよしを・上野紀子の世界」が銀座で開催 オンライン展覧会(ライブ配信)も

誕生45周年記念!「ねずみくんのチョッキ展 なかえよしを・上野紀子の世界」が銀座で開催 オンライン展覧会(ライブ配信)も

世代を超えて愛される絵本『ねずみくんのチョッキ』(1974年ポプラ社刊行)。シリーズ累計400万部を超え、現在37巻まで続く人気作は、作家・なかえよしをさん、画家・上野紀子さん夫妻の共同作業によって生まれました。

この名作の誕生45周年を記念し、昨年は神奈川、静岡、今年1月には大阪で開催された「誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 なかえよしを・上野紀子の世界」が2021年6月2日(水)から6月14日(月)まで松屋銀座にて開幕します。

これに先立ち、2021年6月1日(火)19:00より、本展覧会初の試みとして、オンライン展覧会をライブ配信にて開催します。

 

夢の共演!作者のなかえよしをさんと“ねずみくん”が会場を案内!

オンライン展覧会では、絵本『ねずみくんのチョッキ』の作者である作家・なかえよしをさんとパペットのねずみくんが、松屋銀座会場からライブでご案内。

 
絵本の世界観満載の会場と相まって、観る人がまるで物語の中に入り込んだような雰囲気を演出します。また、チャット機能を使ってコメントしたり、なかえさんへの質問を書き込んだりと、より臨場感あるコミュニケーションが体感できる参加型のオンライン展覧会となっています。

 
◆展示の紹介と共に、なかえよしをさん自身から、ここでしか聞けないエピソードも紹介

会場でしか見られない、絵本『ねずみくんのチョッキ』誕生秘話に関する動画も、今回のオンライン展覧会では特別公開されます。

絵本原画、スケッチなど180点の展示作品の一部を、鑑賞できます。紹介の中では、なかえよしをさんご自身が、ここでしか聞けないエピソードなども語る予定です。ねずみくんとのやり取りにも注目です。

 
◆「ねずみくんクイズ!」など楽しい企画も!

オンライン展覧会では、会場内や展示物を紹介するだけでなく、絵本『ねずみくんのチョッキ』の中からクイズを出題する「ねずみくんクイズ!」も開催予定!

また、「ねずみくんの絵本」シリーズは、なかえよしをさんのラフスケッチをもとに、上野紀子さんが作画するという共同作業で作り続けてきました。今回の展覧会では、絵本の原画だけでなく、なかえ先生のラフスケッチも紹介しています。

そこでオンライン展覧会では、ラススケッチ展示の紹介に続いて、「ねずみくん」を描くお絵描きコーナーを設けています。

ぜひ、お子さんと一緒に参加してみてはいかがでしょう。

 
◆展示作品を展覧会場にいるようなリアル感で鑑賞できる

原画でしか見ることができない上野紀子さんの細かな鉛筆のタッチもカメラのズームなどを活用して紹介。本物の展示会場で観るような映像が楽しめます。

感想は、コメントですぐに会場のなかえさんとねずみくんに送信!まるでなかえさんがすぐそばで一緒に鑑賞しているような臨場感が味わえます。

また、会場内には上野さんのデスクも再現されており、仕事場の様子をご覧になれます。

 
◆展示会場のフォトスポットはスクリーンショットで! オンライン展覧会の思い出づくりもできます

展示会場では、絵本で人気の高い名場面を再現し、ねずみくんをはじめ登場キャラクターと一緒に、まるで絵本の中に自分が入り込んだような写真が撮れるフォトスポットなど、様々な体験スポットも用意されています。

オンライン展覧会では、これらのスポットも紹介。パペットのねずみくんも一緒に入った画面をスクリーンショットできる撮影タイムも予定しています。

 
本オンライン展覧会は、単にデジタル映像で展示内容を紹介するだけでなく、原作者の先生、絵本のキャラクターと「直に」触れあえるようなコミュニケーション演出を随所に施し、お子さんにも大人の方にも、これまでにない没入感を体感できる展覧会です。

本展に興味のある方はもちろん、横浜展などで一度観たけれどもう一度あの感動を味わいたいという方などにもおススメです。

 

「オンラインでも! ねずみくんのチョッキ展 なかえよしを・上野紀子の世界」 開催概要

■開催日時:2021年6月1日(火) 19:00~20:00 (18:00~開場)

■開催方法:オンラインLIVE開催

■視聴方法:事前チケット購入制/詳細・チケット購入(URL:https://nezumikun45th.zaiko.io/)

■参加料金:800円(税込)

■チケット販売期間:5月20日(木) 12:00~6月4日(金)21:00

■アーカイブ配信期間:ライブ配信終了後~6月4日(金)23:59まで

※新型コロナウイルス感染状況の推移等により、急遽開催を延期又は中止する場合があります。

※最新の情報は、オンライン展覧会イベントページ(https://nezumikun45th.zaiko.io/)にてご確認ください。

 
<視聴について>
チケットの購入・動画の視聴には、電子チケット販売プラットフォームZAIKOへの登録が必要となります。配信のURLは、購入したZAIKOアカウントのみで閲覧可能です。

◆動画視聴における推奨環境
スマートフォン、タブレット:iOS 11.0以降(Safari最新バージョン)
Android OS 5.0以降(Google Chrome最新バージョン)
パソコン:Windows 10以上/ MacOS 10.9以上(最新バージョンのGoogle Chrome、Safari、MS Edge、Firefox)のいずれかを視聴の際に必ずご用意ください。

 

なかえよしをさん&上野紀子さん プロフィール

「ねずみくんの絵本」シリーズは、夫で絵本作家のなかえよしをさんが構成を考え、上野紀子さんが絵を描くという二人三脚のスタイルで、45年間作り続けてきました。

共通するテーマは「思いやり」と「ユーモア」。いまの時代を生きるこどもたちにとって、大切なものが描かれています。

 

ねずみくんのチョッキ (ねずみくんの絵本 1)
なかえ よしを (著), 上野 紀子 (イラスト)

ママとは、ずっと、おともだちでした。

「おかあさんが あんでくれた ぼくの チョッキ。ぴったり にあうでしょう」と得意げなねずみくん。ところが、「ちょっときせてよ」とどんどん仲間がやってきて……
『ねずみくんのチョッキ』が出版されて、今年(2014年)で40年。刊行当時は、「しゃれているけど、子どもにはむずかしいのでは」という声もありましたが、子どもたちは、広い画面の中で自由に想像をふくらませ、大好きになってくれました。この一冊からねずみくんは、累計500万部をかぞえる人気シリーズの主人公に。最初の読者は、大人になってしまったけれど、ねずみくんはやっぱりねずみくんのまま。小さなからだで、一生懸命がんばるねずみくんに、くすっと笑ったり、共感したり、元気や勇気をもらったり……。世代をこえて愛される、ずっと かわらないおともだちです。
1975年講談社出版文化賞絵本賞 「よい絵本」選定図書受賞

 
【関連】
ねずみくんのチョッキ展 オンライン展覧会 Tickets
ねずみくんのチョッキ展|ポプラ社

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です