本のページ

SINCE 1991

『るろうに剣心』25周年記念!原作者・和月伸宏さん出身地・新潟で「るろうに剣心展」を開催 愛刀「逆刃刀・真打」も特別展示

「25周年記念 るろうに剣心展」 (c)和月伸宏・集英社

「25周年記念 るろうに剣心展」 (c)和月伸宏・集英社

和月伸宏さんの大ヒット漫画『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』誕生から25周年――。著者ゆかりの地・新潟に原画200点以上が集結する「25周年記念 るろうに剣心展」が6月19日(土)~8月29日(日)の期間、新潟市美術館で開催されます。主人公・剣心の生きざまを象徴する愛刀「逆刃刀・真打」も特別展示。

なお、5月14日(金)より前売券の発売が開始されます。

 

「25周年記念 るろうに剣心展」 開催概要

■会期:2021年6月19日(土)~2021年8月29日(日)
◎前期:6月19日(土)~7月18日(日)
◎後期:7月20日(火)~8月29日(日))
※一部展示替えがあります。

■開館時間:午前9時30分~午後6時(券売は閉館30分前まで)

■休館日:月曜日
※8月9日(月・振替休日)、8月10日(火)は開館

■会場:新潟市美術館(新潟市中央区西大畑町5191-9)
◎新潟市美術館公式フェイスブック:https://www.facebook.com/ncam.tsunagaru/

■観覧料
◎前売(一般のみ):1,200円(5月14日(金)発売)
◎当日:一般=1,500円/大学・高校生=1,000円/中学生以下無料
◎団体(20名以上)、リピーター(本展の半券提示かつ本展2回目以降の購入):2割引き
※障がい者手帳、療育手帳をお持ちの方および一部の介助者は無料となります。

■前売券販売所:ローソンチケット(Lコード 39888)、新潟市美術館、新潟市新津美術館(新潟市秋葉区蒲ケ沢109-1)

★新潟会場公式サイト:https://www.teny.co.jp/ruroken-ten/

 

「るろうに剣心展」のみどころ

 
◆其ノ壱 『週刊少年ジャンプ』連載時代の原画展示 × 5つのキーワード

200点を超える展示物の中で最大の注目ポイントが、『週刊少年ジャンプ』連載時代の、作者入魂の原画の数々です。本展覧会では、作品を語る上で欠かせない5つのキーワードに分類して展示を構成します。

「仲間とは」展示カラー原画(※前期展示) (c)和月伸宏・集英社

「仲間とは」展示カラー原画(※前期展示) (c)和月伸宏・集英社

◎キーワード(1) 仲間とは

作中に登場する「剣心組」、「御庭番衆」そして「十本刀」など、さまざまな形の“絆”で結ばれた仲間たちを、原画で紹介します。

「正義とは」展示カラー原画(※前期展示) (c)和月伸宏・集英社

「正義とは」展示カラー原画(※前期展示) (c)和月伸宏・集英社

◎キーワード(2) 正義とは

作中に登場する中心人物が掲げる正義を紹介します。闘いを通じてぶつかりあう、ひとりひとり異なる「正義」の形。それぞれの登場人物が背負うものや信念を、和の空間で演出します。

「強さとは」展示カラー原画 (c)和月伸宏・集英社

「強さとは」展示カラー原画 (c)和月伸宏・集英社

◎キーワード(3) 強さとは

各ストーリーでの記憶に残る戦闘シーンや必殺技を中心に展示し、激闘の中で見出された答えへと迫ります。迫力ある必殺技の剣閃が演出されたこのエリアに、作者渾身の原画の数々が集結します。

また、志々雄真実(ししお・まこと)と駒形由美(こまがた・ゆみ)、そして十本刀が初めて集結した、京都編の前日譚を描いた読切作品『るろうに剣心 裏幕ー炎を統べるー』の原画も特別に紹介します。

「命とは」展示カラー原画(※前期展示) (c)和月伸宏・集英社

「命とは」展示カラー原画(※前期展示) (c)和月伸宏・集英社

◎キーワード(4) 命とは

強さや正義の先にある、それぞれが思う「命」の価値。生と死を想起させるモノクロの空間の中で、登場人物たちそれぞれの“想い”を繋げるかのように、赤い“組紐”がその先にある「幸せとは」のエリアへと続いていきます。

また、この空間では、剣心の“不殺(ころさず)”の信念を象徴する「逆刃刀・真打」の実物再現を展示。より深く作品の世界を堪能できます。

「幸せとは」展示カラー原画 (c)和月伸宏・集英社

「幸せとは」展示カラー原画 (c)和月伸宏・集英社

◎キーワード(5) 幸せとは

登場人物それぞれが追い求める幸せのかたち、激動の時代を生き抜いた先で見つけた幸せの答えを、情感あふれるシーンを中心にセレクトして読み解きます。

 
◆其ノ弐 作品の世界観を象徴する剣心の愛刀「逆刃刀・真打」特別展示

「逆刃刀・真打」所蔵・写真提供:博物館明治村

「逆刃刀・真打」所蔵・写真提供:博物館明治村

剣心が初めてこの刀を手にした場面をはじめとする数々の名シーンの原画とともに、主人公・剣心の“不殺”の信念を象徴する「逆刃刀・真打」を展示。

この「逆刃刀・真打」は、愛知県・犬山市の博物館明治村の依頼のもと、岐阜県・関市の無鑑査刀匠・尾川兼國(おがわ・かねくに)さんが制作した一振りです。

作中に登場する剣心の愛刀を実際の日本刀として作り上げたもので、人を殺傷するのではなく峰打ちの状態になるよう、刀の刃と峰の部分が通常の刀とは逆向きに打たれています。

また、茎(なかご、刀身の内側)の部分には、作中と同様に、「我を斬り刃(やいば)鍛えて幾星霜 子に恨まれんとも孫の世の為」の銘が刻まれています。会場での撮影も可能です。

 

るろうに剣心 1 (ジャンプコミックス)
和月 伸宏 (著)

逆刃刀を腰に下げ、不殺を誓う流浪人・緋村剣心――彼こそは維新志士の中で最強無比の伝説をもつ「人斬り抜刀斎」であった。維新後、その熱き想いで人々を守り続けた流浪人・剣心の活躍を描く!

 
【関連】
TeNYテレビ新潟 -25周年記念 るろうに剣心展~-

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です