本のページ

SINCE 1991

【科学ジャーナリスト賞2021】西浦博さん・川端裕人さん『新型コロナからいのちを守れ!』など3作品が受賞

「科学ジャーナリスト賞2021」が決定!

「科学ジャーナリスト賞2021」が決定!

日本科学技術ジャーナリスト会議は4月19日、科学技術に関する報道や出版、映像などで優れた成果をあげた人を顕彰する「科学ジャーナリスト賞2021」の受賞作品を発表しました。

 

「科学ジャーナリスト賞2021」が決定!

「科学ジャーナリスト賞2021」の受賞者・受賞作品は次の通りです。

 
<「科学ジャーナリスト賞2021」受賞者・受賞作品>

◎坂本昌信さん(静岡新聞社清水支局長)・遠藤竜哉さん(静岡新聞社編集局文化生活部記者)
新聞連載「サクラエビ異変」(2018/11~連載中)

◎西浦博さん(京都大学大学院医学研究科教授)、川端裕人さん(作家)
書籍『理論疫学者・西浦博の挑戦 新型コロナからいのちを守れ!』(中央公論新社)

◎高木徹さん(日本放送協会(NHK) 国際放送局チーフ・プロデューサー)、高田里佳子さん(NHK グローバルメディアサービス 国際番組部ディレクター)、樋爪かおりさん(株式会社ウイング ディレクター)
映像「BS1 スペシャル 『デジタルハンター ~謎のネット調査集団を追う~』」(2020年5月17日放送)

 
※贈賞理由など詳細は、https://jastj.jp/info/0419/ をご覧ください。

 

科学ジャーナリスト賞(JASTJ賞)について

科学ジャーナリスト賞は、科学技術に関する報道や出版、映像などで優れた成果をあげた人に贈られます。

新聞、テレビ、ラジオ、出版といったマスメディアでの活動だけでなく、ウェブサイトや博物館での展示、優れた啓蒙書を著した科学者や科学技術コミュニケーターなども対象としています。

 

理論疫学者・西浦博の挑戦-新型コロナからいのちを守れ!
西浦 博 (著), 川端 裕人 (聞き手)

2019年大晦日。西浦博は、武漢で未知のウイルスが流行の兆し、との情報をキャッチする。1月16日には日本で最初の症例が確定。急遽、北海道から東京へ向かうこととなる。のちにクラスター対策班につながる初動であり、6ヵ月にわたる予想もしない日々の始まりだった。
武漢からのチャーター便の帰国直後、ダイヤモンド・プリンセスが寄港。一気に感染者が押し寄せ、日本は流行に突入する。そして、2月22日、加藤勝信厚生労働大臣より「エマージェンシー・オペレーティング・センターを作るので、中心に立って流行対策にアドバイスしてほしい」と要請される。日本で初めて、感染症対策の専門家が政策決定の中枢に入る、画期的な出来事であった――。
厚生労働省クラスター対策班でデータ分析に従事し、「8割おじさん」と呼ばれた数理モデルの第一人者が、新型コロナ対策の舞台裏で繰り広げられた政治との格闘、サイエンス・コミュニケーションの葛藤と苦悩、科学者たちの連帯と絆まで、熱い本音を語った奮闘の記録。

(以下、本文より)
・・・川名先生から、ぽんとメールが届いたんです。僕が頑張っているのを川名先生は分かっているし支持していると。そして「西浦さんが発信する情報は専門家会議のクレジットですから」とまでおっしゃってくれました。つらい時には1人このメールを見て泣いたこともあります。
僕自身が折れると終わりだから、科学者は勇気を持って科学的事実を正確に伝えるのが間違っていないのなら、頑張らないといけないし、これはまだ第一波だから序の口だと思って、継続して頑張ってみようと、心新たにできました。感染症の数理モデルで定量的なものだったら、あるいは、データ分析をさせたら、日本では自分の右に出る者はいないだろうと自分自身を鼓舞します。ニコニコ生放送で何万人というような人が参加する中でプレゼンをするわけですが、自信を持ってやろうと決意しました。僕がこけると、感染症数理モデルをやっている同志や研究室の弟子たちがこける。僕がここで敗けたり折れたりするわけにはいかないのです。

・・・僕には脅迫状が届き、生まれて初めて殺害予告を受けました。一番緊迫した頃には、厚労省と新橋のビジネスホテルの間を歩くだけなのに警察の方に護衛してもらったことすらありました。

・・・厚労省とも仲違いしそうな時、尾身先生がテーブルをたたきながら、先生より若い我々専門家全員を叱るように仰ったんです。
「厚労省がちびちび書き換えるとか、そんなしょうもない話はどうだっていいんだ。責任取れと言われるんだったら俺が取るぞ。お前たちはそんなもんなのか」「今は流行しているんだから、流行を止めるんでしょうが。お礼参りは終わったらちゃんとやるから、今はとにかく流行を止めるぞ」と言いながら、目に涙をためてみんなをいさめてくれたことがありました。

 
【関連】
【プレスリリース】科学ジャーナリスト賞の今年度の贈呈作品決まる – 日本科学技術ジャーナリスト会議

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です