本のページ

SINCE 1991

漫画家・伊藤潤二さん『幻怪地帯』刊行記念!オンライントークイベントを開催

伊藤潤二さん著『幻怪地帯』

伊藤潤二さん著『幻怪地帯』

銀座 蔦屋書店(東京都中央区)では、伊藤潤二さんの最新作『幻怪地帯』が朝日新聞出版より3月22日に刊行されるのを記念して、伊藤潤二さんのオンライントークイベントを4月4日(日)に開催します。イベント用に用意される書籍は伊藤潤二さんによる直筆サイン入りとなっています。

 

伊藤潤二さん『幻怪地帯』刊行記念トークイベント 開催概要

ホラー漫画の鬼才・伊藤潤二さんが描く最新作『幻怪地帯』には、東北を旅行するカップルが葬式で大きな声で泣く「泣き女」を目撃したことで、カップルの女性に異変が起こる「泣女坂」など、見る者すべてを極限の恐怖へ誘う傑作ホラー短編が収録されています。

 
4月4日(日)のオンライントークイベントでは、本書の編集を担当した原真紀子さんが司会となり、『幻怪地帯』の制作秘話や、既刊作品について、海外での活動のお話などを伊藤潤二さんに伺います。

 
【『幻怪地帯』刊行記念 伊藤潤二トークイベント】開催概要

■申込期間:3月5日(金)10:00~3月29日(月)23:55

■開催日時:2020年4月4日(日) 20時開始(21時終了予定)
※終了時間が延びる場合があります。

■開催形式:ZOOMでのオンライントークイベント
※本イベントに予約された方へ、視聴用のURLを送ります。

■参加条件:対象書籍+チケット代+送料の購入(合計2,090円(税込))
※対象書籍『幻怪地帯』はサイン本が用意される予定です。

★申込URL:https://store.tsite.jp/ginza/event/humanities/18903-1122190302.html

※4月4日(日)のイベント当日よりも前に書籍の発送を行う予定です。それに伴い、イベントの予約締切は3月29日(月)23:55までとなります。
※2,090円(税込)の内訳には、対象書籍の金額だけでなく、イベント観覧料と送料も含まれています。

 

伊藤潤二さん プロフィール

伊藤潤二(いとう・じゅんじ)さんは、1963年7月31日、岐阜県中津川市で誕生。高校卒業後、歯科技工士の学校へ入学し、職を得るも、『月刊ハロウィン』(朝日ソノラマ)新人漫画賞「楳図賞」の創設をきっかけに、楳図かずおさんに読んでもらいたい一念で投稿。1986年、投稿作「富江」で佳作受賞。本作がデビュー作となり、代表作になる。

3年後、歯科技工士を辞め、漫画家業に専念。「道のない街」「首吊り気球」「双一」シリーズ、「死びとの恋わずらい」などの名作を生みだしていく。1998年から『ビックコミックスピリッツ』(小学館)で「うずまき」の連載を開始。その後も「ギョ」や「潰談」など唯一無二の作品を発表し続ける。

2017年に漫画家生活30周年を迎え、2019年には「フランケンシュタイン」がアメリカのアイズナー賞、最優秀コミカライズ作品賞を受賞した。

 

銀座 蔦屋書店について

銀座 蔦屋書店では、マンガを日本の誇るべきアートの一つとして捉え、「東京」をテーマにマンガ売場を展開しています。老若男女問わず、未知のマンガとの出会いをお客様に体験して頂きたいという想いのもと、連載中の最新作や不朽の名作はもちろん、希少本や絶版となったヴィンテージマンガなども用意しています。

 
■住所:東京都中央区銀座6丁目10番1号 GINZA SIX 6F
■電話番号:03-3575-7755(代表)
■営業時間:店舗ホームページをご確認ください。

★ホームページ:https://store.tsite.jp/ginza/
★Facebook:https://www.facebook.com/GINZA.TSUTAYABOOKS
★Twitter:https://twitter.com/GINZA_TSUTAYA
★Instagram:https://www.instagram.com/ginza_tsutayabooks/

 

幻怪地帯 (ソノラマ+コミックス)
伊藤 潤二 (著)

東北を旅行するカップルが田舎道を歩いていたところ、葬式で大きな声で泣く女を目撃した。どうもその女は「泣き女」という職業らしい。それを見たカップルの女性に異変が!?(「泣女坂」から)。ホラーの鬼才が見る者すべてを極限の恐怖へ誘う、傑作ホラー短編集!

 
【関連】
【オンライントークイベント】『幻怪地帯』刊行記念 伊藤潤二トークイベント | イベント | 銀座 蔦屋書店

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です