本のページ

SINCE 1991

読み切らなくてOK!読書会<ペアドク>が『嫌われる勇気』著者・岸見一郎さんを招いてオンライン開催! 最新刊『数えないで生きる』でペアドク初の“哲学”を日常に繋げて考える

読書会<ペアドク>が『嫌われる勇気』著者・岸見一郎さんを招いてオンライン開催!

読書会<ペアドク>が『嫌われる勇気』著者・岸見一郎さんを招いてオンライン開催!

ハイブリッド型総合書店「honto」は、ベストセラー『嫌われる勇気』の著者で哲学者の岸見一郎さんを招いたオンライン読書会を2021年3月5日(金)に開催します。

本を読むのは「その場で30分だけ」、「参加者や著者と話す」ことがメインのペア読書(ペアドク)の手法で、難解な“哲学”を日常に置き換えて考えるきっかけとなり、理解が深まる2時間です。

 

2021年3月5日開催「読書会<ペアドク>」概要

事前の読書は不要。当日オンラインの状態で約30分間・個別に読書し、その後グループに分かれて参加者同士で気づきをシェアする対話時間を設ける<ペアドク>という手法で開催します。

著者への質問タイムで岸見一郎さんがオンラインで参加し、参加者からの質問に答えます。

■タイトル:『嫌われる勇気』著者と語る!立ち止まって自分に大事なことを考える2時間

■概要
「今日の感染者数は何人か?」「危機が過ぎ去るまであと何日か?」これらの数値に一喜一憂する毎日はいつまで続くのでしょう。そもそもウィズコロナ時代でなくとも、安定した生活を過ごすためにどれくらい年収を得るべきか、偏差値はどれくらい必要か、貯金はいくら必要か…など、何かを「数えて」ばかりで数えること自体が目的になってしまい、そこに本当に意味があるのか、分からなくなっていることがないでしょうか。
本イベントは『嫌われる勇気』などの著作を持つ岸見一郎さんの最新刊『数えないで生きる』をテーマ本として、一度立ち止まって、自分にとって大事なことを考えてみる読書会です。

■日時:2021年3月5日(金)19:30開始(21:30終了予定)

■ゲスト:哲学者・岸見一郎さん

■参加費用
(1) フル参加(参加者同士の対話・著者への質問あり):1,000円(税込)
(2) 視聴参加(対話なし・視聴のみ):1,000円(税込)

■主催:ハイブリッド型総合書店honto(https://honto.jp/

★申込URL:https://notcounting-pairdoku.peatix.com/

 

出会って30分で素で話せる読書会「ペアドク」とは

<ペアドク>は、「その場で30分読む(事前の読書は不要)」「著者や読者との対話」を楽しむことが特徴の読書会です。答えのないテーマを題材に、初対面の参加者同士で対話を楽しみます。

★URL:https://honto.jp/pairdoku.html

 
【ペアドク参加者の声】
◎「一方的な講義と違って参加者の顔が見えて、全員の熱量を感じられた。」
◎「読書する背中を押してもらえたた。対話ができて、読書だけではわからない気づき、発見ができた。」
◎「地方に住んでいるので、通常であれば東京で開催されるイベントがオンラインになったことに感謝しています。コロナの状況が収束してもオンラインイベントには参加しつづけたいと思いました。」

 

著者プロフィール

著者の岸見一郎(きしみ・いちろう)さんは、1956年、京都生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。哲学者。

京都教育大学教育学部、奈良女子大学文学部、近大姫路大学看護学部、教育学部非常勤講師、京都聖カタリナ高等学校看護専攻科非常勤講師を歴任。専門の哲学に並行してアドラー心理学を研究、市井の人々に寄り添い続けながら、執筆・講演活動を行っている。

 

ハイブリッド型総合書店「honto(ホント)」について

ハイブリッド型総合書店 honto(ホント)は、リアル書店「丸善」「ジュンク堂書店」「文教堂」「啓林堂書店」とネット書店「honto.jp」(通販ストア/電子書籍ストア)が連携した本のサービスです。各書店共通で貯めて・使えるポイントサービスや本好きのための様々なサービスを用意しています。

2021年2月現在、honto サイトと共通で利用できる honto ポイントサービスは約180店舗で展開しています。

 
【関連】
『嫌われる勇気』著者と語る!立ち止まって自分に大事なことを考える2時間 | Peatix

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です