本のページ

SINCE 1991

京セラ名誉会長・稲盛和夫さん執筆の書籍が累計発行部数2千万部を突破

京セラ名誉会長・稲盛和夫さん執筆の書籍が累計発行部数2千万部を突破

京セラ名誉会長・稲盛和夫さん執筆の書籍が累計発行部数2千万部を突破

京セラ株式会社の創業者で名誉会長の稲盛和夫さん執筆による書籍(共著を含む)の発行部数が、1989年の上梓以来、累積で2,000万部を超えました。

 
2015年に1,000万部を超えて以降、特に、海外で発行部数を大きく伸ばし、2020年10月末時点の集計で、全世界累計発行部数が2,017万部となりました。

 
発行部数の内訳は、国内が662万部(33%)、海外が1,355万部(67%)となっています。中でも代表的な著作である『生き方』は、海外での発行部数が432万部と、日本での発行部数137万部を大きく上回っています。

また、中国での反響が特に大きく、海外での全書籍発行総部数の94%以上が中国での発行となります。中国における稲盛さんの経営思想、経営哲学への関心の高さが現れた結果となりました。

 
主要書籍別の国内外発行部数の内訳は以下の通りです(単位:万部)。

タイトル 発行総数 (内 日本) (内 海外)
生き方 568.1 136.5 431.6
働き方 169.9 29.4 140.5
アメーバ経営 115.3 31.0 84.3
成功への情熱 105.6 36.2 69.4
稲盛和夫の実学 104.9 64.0 40.9

【参考データ】
◎自著42冊 共著18冊
◎『生き方』等を中心に19言語に翻訳

 

生き方
稲盛和夫 (著)

二つの世界的大企業・京セラとKDDIを創業し、JALを再生に導いた「経営のカリスマ」が、その成功の礎となった「人生哲学」をあますところなく語りつくした一冊。夢をどう描き、どう実現していくか?人間としてもっとも大切なこととは何か?――サッカー日本代表の長友佑都選手、野球日本代表監督の小久保祐紀氏などトップアスリートも座右の書としてその名を挙げる、「究極の人生論」。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です