本のページ

SINCE 1991

怪談コンテスト「怪談最恐戦」2020年の怪談最恐位は怪談作家・夜馬裕さんに決定!

「怪談最恐戦2020」怪談最恐位が決定!

「怪談最恐戦2020」怪談最恐位が決定!

竹書房は、日本で一番恐い怪談語りを決める史上最大規模の怪談コンテスト「怪談最恐戦2020」(優勝賞金100万円)のファイナル(決勝大会)を11月3日(火・祝)に開催し、怪談師・怪談作家の夜馬裕さんが2020年の怪談最恐位に輝きました。

 

プロ・アマ問わず全国から怪談語りを募集し、日本で一番恐い怪談語りを決定する、史上最大規模の怪談コンテスト「怪談最恐戦2020」怪談最恐位が決定!

今年の「怪談最恐戦」は6月~7月にかけて全国から怪談語りを募集し、プロ・アマ問わず総勢108名の応募がありました。その中から一次審査を突破した30名が、8月に開催された東京・大阪の各地方予選に挑み10名のファイナリストが決定。さらに不死鳥戦(敗者復活大会)を勝ち上がった2名を加えた計12名の選手が、11月3日(火・祝)、渋谷ユーロライブで開催されたファイナル(決勝大会)にて、怪談最恐位2020そして賞金100万円を賭けて最恐の怪談バトルを繰り広げました。

 
会場には「呪怨」「犬鳴村」の清水崇監督も応援観覧に訪れ、プレゼンターに声優・演出家とマルチに活躍する浅沼晋太郎さん、ゲストに2019怪談最恐位・下駄華緒さん、MCに2018怪談最恐位・怪談家ぁみさんを迎えた今年のファイナル。1回戦5分、2回戦7分、決勝無制限の語り時間ルールで行われ、審査は配信視聴者投票、会場観客投票、審査員投票の合計得票数でそれぞれの勝者を決定しました。

 
決勝まで尺の違う3話の怪談を語るという過酷なシステムの中、それぞれで最恐怪談を語り抜いた怪談師・夜馬裕さんが優勝。2020怪談最恐位、そして賞金100万円を獲得しました。

 

2020怪談最恐位・夜馬裕さん プロフィール

夜馬裕(やま・ゆう)さんは、1975年兵庫県生まれ、北海道育ち、東京都在住。2014年8月、インディさんと怪談師ユニット・ゴールデン街ホラーズを結成。新宿をホームタウンにして怪談ライブ活動を開始。同時に怪談作家を目指し、第7回『幽』怪談実話コンテスト優秀賞、カクヨム異聞選集コンテスト大賞を受賞。全国各地で25年以上収集した怪談は数百話。中でも厭な話の怪談を好む。

現在は怪談師、怪談作家として語りと文章の融合を目指して活動中。著書に『厭談 祟ノ怪』 (竹書房怪談文庫)他。

 

怪談最恐戦とは

「日本で一番恐い怪談を語るのは誰だ!?」それを決めるのが怪談最恐戦です。

2018年に第1回大会を開催し、2020年の今年は第3回大会となります。プロ・アマ問わず全国から怪談語りを募集し、優勝賞金100万円をかけて怪談を競い合う、日本最大規模の怪談コンテストとして、これまで怪談界に多くのスターを輩出、また全大会を通じて書籍化・映像作品化がなされるマルチフォーマット・イベントして多くのファンに支持されています。

 
<「怪談最恐戦2020 ファイナル」開催概要 〔敬称略〕

■日時:2020年11月3日(火・祝)開演:17:00

■会場:ユーロライブ (渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F)

★見逃し配信チケット販売URL:https://t.livepocket.jp/e/kaidansaikyosen_haishin
※見逃し配信は11月17日(火)まで。

■出場者
青柳マコト/伊山亮吉/ガンジー横須賀/神原リカ/シークエンスはやとも/匠平/田中俊行/中山功太/南条/女子高生怪談師あみ/宮代あきら/夜馬裕

■審査員
門澤清太(フジテレビONE実話怪談倶楽部・プロデューサー)
小林忠(怪奇蒐集者・プロデューサー)
高橋宏行(Channel恐怖・プロデューサー)
竹内義和(OKOWA発起人)

■ゲスト:下駄華緒(2019怪談最恐位)
■プレゼンター:浅沼晋太郎(声優・演出家)
■ビデオレター出演:清水崇(映画監督)
■MC:怪談家ぁみ(2018怪談最恐位)

 
<優勝/2020怪談最恐位>
夜馬裕(怪談師)

<朗読部門「himalaya」コラボコンテスト/グランプリ>
片桐真衣

※その他、朗読部門の詳細:https://jp.himalaya.com/kwaidan2020/

 
【関連】
第3回 怪談最恐戦2020 開催スケジュール | 竹書房怪談文庫公式サイト|怪談・ホラーの文庫本・電子書籍の通販
竹書房 × himalaya Presents 「怪談最恐戦2020」・朗読部門コンテスト開催! | シマラヤジャパン株式会社

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です