本のページ

SINCE 1991

第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞『ぼくらの』完全版の最終巻が刊行 鬼頭莫宏さん10年ぶりの新作漫画も収録

第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞『ぼくらの』完全版の最終巻が刊行

第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞『ぼくらの』完全版の最終巻が刊行

小学館は、第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した、鬼頭莫宏さん作『ぼくらの』も完全版を6月より刊行していますが、10月に最終巻となる第5巻を発売しました。

 

鬼頭莫宏さんによる10年ぶりの新作漫画「Pre-The Bigininning」を収録

少年少女たちの心の機微を丁寧に描き、その斬新な設定で巨大ロボットものの新境地を開いて、第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞、アニメ化もされた鬼頭莫宏さんの傑作『完全版 ぼくらの』がいよいよ完結となりました。

 
第5巻(最終巻)には、鬼頭莫宏さんによる10年ぶりの新作漫画「Pre-The Bigininning」も収録されています。

15人の少年少女が夏の自然学校で初めて出会い、お互いのあだ名を決めながら友人になっていく過程を描いた前日譚となります。本編ではみることのできないゲームに参加する前に少年少の笑顔が眩しい作品です。

 
その他に、『鬼頭莫宏イラスト&バックヤード集ぼくらの』のみに収められた後日譚漫画「1年後の待ち人」、単行本未収録の設定画、創作ノートも収録されています。

新作見本1

新作見本1

新作見本2

新作見本2

 
◆Youtube PV映像

 

『完全版 ぼくらの』5巻 あらすじ

<あらすじ>

14人目の操縦者に選ばれたのは、町洋子(マチ)。

戦いの前にウシロとマチは、仲間たちの家を訪ねる旅に出る。
残された家族は何を想うのか…、そして旅は終わり、最後の戦いへと向かっていく。

ゼロ年代SF漫画の名作、完結。
(本巻には第54話「町洋子1」から第65話「コエムシ 1」を収録)

 

>

完全版 ぼくらの(5) (小学館クリエイティブ単行本)
鬼頭 莫宏 (著)

「ジアース、発進。」

2007年にTVアニメ化され、第14回(2010年)文化庁メディア芸術祭の優秀賞を受賞した名作が、完全版(全5巻)で復活!
少年少女たちの心の機微を丁寧に描き、その斬新な設定で巨大ロボットものの新境地を開いた『ぼくらの』は、その後に漫画・アニメ・ゲームに大きな影響を与え続けているゼロ年代SFを代表する一作です。
今回は、描き下ろしカバーイラストはもちろんのこと、雑誌掲載時のカラーを完全再現、巻末には作品世界を深く読み解くための設定資料を特別収録。さらに、最終5巻には≪描き下ろし新作漫画≫を収録した完全版となります。

■既刊(第1巻)

完全版 ぼくらの(1)
鬼頭 莫宏 (著)

「そしてぼくらは、あれに出会った。」

2007年にTVアニメ化され、第14回(2010年)文化庁メディア芸術祭の優秀賞を受賞した名作が、完全版(全5巻)で復活!
少年少女たちの心の機微を丁寧に描き、その斬新な設定で巨大ロボットものの新境地を開いた『ぼくらの』は、その後に漫画・アニメ・ゲームに大きな影響を与え続けているゼロ年代SFを代表する一作です。 今回は、描き下ろしカバーイラストはもちろんのこと、雑誌掲載時のカラーを完全再現、巻末には作品世界を深く読み解くための設定資料を特別収録。さらに、最終5巻には≪描き下ろし新作漫画≫を収録した完全版となります。

夏休みに、自然学校にやって来た15人の少年少女たち。
彼らは「ココペリ」と名乗る謎の男に誘われ、巨大ロボット「ジアース」のパイロットとなり地球を守ることになる。 しかし、彼らは知らなかった。そのあまりに過酷な“代償”を―――。
(本巻には第1話「ココペリ1」から第13話「加古功1」を収録)

 
【関連】
完全版 ぼくらの【公式】 (@boku_koemusi) / Twitter
刊行記念PV『完全版 ぼくらの』(アンインストールver) – YouTube

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です