本のページ

SINCE 1991

岸田奈美さん初の著書『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』刊行 刊行記念イベントもオンラインで配信

岸田奈美さん著『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』

岸田奈美さん著『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』

メディアプラットフォーム「note」で人気の作家・岸田奈美さんの初の著書『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』が、小学館より9月23日に刊行されます。笑えて泣けて、考えさせられる、心がじんわりとあたたかくなる自伝的エッセイです。

また、発売日の9月23日20時から、刊行記念イベント「“好き”と“言葉”で、みんなを巻き込む作家のぜんぶを聞く」もオンライン配信されます。

 

笑えて泣ける岸田家の日々のこと

車いすユーザーの母、ダウン症で知的障害のある弟、ベンチャー起業家で急逝した父――

 
文筆家・岸田奈美さんがつづる、「楽しい」や「悲しい」など一言では説明ができない情報過多な日々の出来事。
……本書は、笑えて泣けて、考えさせられて、心がじんわりあたたかくなる自伝的エッセイです。

 
<著者・岸田奈美さんからのコメント>

「会社員をしながら、noteでエッセイを書きはじめたのが去年の6月。つらかったことや、たいへんだったことを、自分のためにおもしろおかしく書いていったら、たくさんの人に読んでもらえ、前へ前へと押し流されるようにして、数えきれないほどの縁をつないでもらいました。

noteのおかげで気がついたら、今年の3月に会社を辞め、作家になっていました。この書籍も、コルク編集者の佐渡島庸平さん、小学館編集者の酒井綾子さん、写真家の幡野広志さん、装丁家の祖父江慎さんの「note読みましたよ!」という一声がきっかけで、爆誕したものです。

願いを込めた文章は、願っていた場所へと連れていってくれると信じているので、この本がきっかけで、また新しいなにかが生まれることを心から楽しみにしています。」

 

著者プロフィール

著者の岸田奈美(きしだ・なみ)さんは、1991年神戸市生まれ。作家。WEBサイト「キナリ」主宰。ダウン症の弟と車いすユーザーの母との思い出を綴ったnoteが大きな反響を呼び注目を浴びる。

『小説現代』『ほぼ日刊イトイ新聞』で連載。AbemaTVけやきヒルズコメンテーター。

★note:https://note.kishidanami.com/
★Twitter(@namikishida):https://twitter.com/namikishida

 

刊行記念イベントも開催!

『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』の刊行を記念して、「“好き”と“言葉”で、みんなを巻き込む作家のぜんぶを聞く」出版記念 ライブ配信イベントが開催されます。

 
■内容:岸田奈美さんに、編集者・たらればさんが聞き手となり「多くの人を夢中にさせた、“好き”があふれる文章の誕生秘話」を聞くトークイベント。

■日時:9月23日(水) 20:00~21:00

■参加費:無料

★詳細&申込み:https://note.com/events/n/n523d7eb8fe32

 

家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった
岸田 奈美 (著)

【もくじより】
◎弟が万引きを疑われ、そして母は赤べこになった
◎どん底まで落ちたら、世界規模で輝いた
◎グーグル検索では、見つからなかった旅
◎先見の明を持ちすぎる父がくれたもの
◎忘れるという才能

【編集担当からのおすすめ情報】
noteやTwitterで話題となっている岸田奈美さん。
岸田さんの文章は、人の感情をゆさぶる力があります。岸田さん節が炸裂するギャグに爆笑した次の瞬間、涙があふれてきます。私など、
読んだ後、見える世界の景色がきっと美しく清々しいものになるはず。ぜひ体験してみてください。

 
【関連】
【9/23(水)20時】“好き”と“言葉”で、みんなを巻き込む作家のぜんぶを聞く(岸田奈美×たられば)|noteイベント|note

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です