本のページ

SINCE 1991

第20回「シルバー川柳」入選作20作品を発表! シリーズ累計90万部超え『シルバー川柳 10』も発売

『シルバー川柳10』(公益社団法人全国有料老人ホーム協会+ ポプラ社編集部編/ポプラ社)

『シルバー川柳10』(公益社団法人全国有料老人ホーム協会+ ポプラ社編集部編/ポプラ社)

公益社団法人「全国有料老人ホーム協会」が毎年「敬老の日」に向けに公募している「シルバー川柳」の今年の入選作品20作が決定しました。

また、入選作品の発表と同時に、ポプラ社はシリーズ累計90万部超えの『シルバー川柳 10』を刊行しました。

 

今年はコロナ句が集結!「ばあさんの手づくりマスク息できず」など

今年で20回目を迎えた「シルバー川柳」は、10,663句が寄せられ、下記の20作品が入選しました。男女比については男性が62%、女性38%と、昨年に比べて男性の割合が微増しています。

今年は新型コロナウイルスによる生活の変化が川柳づくりにも大きく影響し、「マスク」「ソーシャルディスタンス」「リモート」といったキーワードを詠み込んだ作品が多く寄せられました(公募期間:2020年3月1日~6月14日)。

 
<第20回入選作品> ※順不同

「何をしにここに来たかと考える」(安田三貴也さん/千葉県、79歳、男性、パート)

「脳トレを毎日してます探し物」(大沢紀恵さん/新潟県、80歳、女性、主婦)

「ばあさんの手づくりマスク息できず」(星野透さん/埼玉県、82歳、男性、無職)

「妻が言うひとまず預かる給付金」(相野正さん/大阪府、70歳、男性、無職)

「テレワークやってみたいが俺無職」(小畑和裕さん/東京都、73歳、男性、団体役員)

「ゴミ出しの俺とカラスは顔馴染み」(田辺征夫さん/千葉県、73歳、男性)

「売ってない極楽行きのパスポート」(石川昇さん/東京都、67歳、男性、無職)

「円満の秘訣ソーシャルディスタンス」(荒木貞一さん/北海道、77歳、男性、無職)

「入らない母の入歯で騒ぐ父」(あおちゃんさん/東京都、47歳、女性、無職)

「妻の留守たっぷり醤油寿司刺身」(ハルルさん/東京都、70歳、女性、主婦)

「なぜ吠えるマスク姿の飼い主に」(エル・ママさん/熊本県、50歳、女性、介護関連)

「要請をされる前から日々休み」(中川潔さん/福井県、55歳、男性、会社員)

「美男とか美女とかもはやどうでもいい」(中平多絵子さん/高知県、45歳、女性、事務制作)

「我家では濃厚接触とんとなし」(有藤幹男さん/高知県、70歳、男性、パート)

「耳鳴りもピーシーアールと音がする」(加藤義秋さん/千葉県、73歳、男性、無職)

「じいちゃんの敵は段差とパスワード」(岩﨑達也さん/福岡県、53歳、男性、会社員)

「頭頂部だけが見えてるオンライン」(ロマン派さん/北海道、53歳、男性、会社員)

「幼な児に戻りて可愛い認知症」(井上敬子さん/東京都、106歳、女性)

「グーグルの検索履歴に水戸黄門」(合田幌生さん/広島県、14歳、男性、中学生)

「武勇伝俺の話は無観客」(角森玲子さん/島根県、52歳、女性、自営業)

 
【イラストすべて:古谷充子さん】

ばあさんの手づくりマスク息できず

ばあさんの手づくりマスク息できず

頭頂部だけが見えてるオンライン

頭頂部だけが見えてるオンライン

妻が言うひとまず預かる給付金

妻が言うひとまず預かる給付金

武勇伝俺の話は無観客

武勇伝俺の話は無観客

【応募状況】

<応募総数>10,663作品
<応募者年齢>平均年齢:68.6歳 最年長:106歳(女性) 最年少:11歳(女子)
<応募者男女比>男性:61.4%  女性:38.1%  性別不明:0.5%

年代構成比において、65歳以上の応募が微増し(対前年+3.4%)、40~64歳の応募が微減(-4.3%)しています。男女比では、男性が62%、女性38%と、昨年に続いて男性の割合が伸びています。40歳未満の応募者は全体の5.2%と昨年より微増し、全体の割合からは少ないものの、シニア世代の様子を的確に表現した句が多く寄せられています。

 
【題材について】

◆新型コロナウイルスで、変わる毎日の暮らし
なんといっても今回は新型コロナウイルス感染症にまつわる川柳が多く寄せられました。題材別のデータでも全体の11.5%を占め、1位となりました(題材2位は「肉体、知力の衰え、老化」、3位は「子供、親、嫁など身内」)。
マスク、ソーシャルディスタンス、給付金、オンラインといった関連するキーワードをご自身の生活、人間関係に当てはめ、ささやかなユーモアを込めた作品が揃っています。

◆物忘れ、加齢ネタなど、自虐的な笑いも健在
物忘れなど、加齢に伴う川柳も健在です。ご自身の生活を自虐的に詠んだ作品から、親、祖父母の様子をユニークに描いた川柳など、体力や知力の衰えに対してシニカルに、あるいは親しみを込めて向き合う様子がいとおしく感じられます。

◆ますます「夫婦」ネタ、女性は「身内」ネタ
新型コロナウイルス関連以外に、特に男性からの応募で多くを占めるのが定番テーマである「夫婦ネタ」。定年後の微妙な上下(?)関係や、妻の留守にささやかな自由を満喫しようとする様子など、こちらも自虐ネタが多く目立ちました。

 

シルバー川柳とは

シルバー川柳は、公益社団法人「全国有料老人ホーム協会」が設立20周年記念事業のひとつとして、2001年に公募を開始しました。
以後、高齢社会・高齢者の日々の生活に関するものであれば題材に制限を設けず、応募資格も一切設けなかったことから全国の幅広い年代層から応募が寄せられています。

シルバー川柳は、超高齢社会を迎えた日本の世相を反映する一つとして定着し、シルバー世代の第二の人生を応援しようと川柳募集を毎年実施しています。

 
【参考】公益社団法人 全国有料老人ホーム協会について

全国有料老人ホーム協会は、有料老人ホーム利用者の保護と、ホームを設置・運営する事業者の健全育成を図ることを目的に設立された、老人福祉法第30条にも規定されている内閣府認定の公益社団法人です。

 

『シルバー川柳10 スクワット しゃがんだままで 立てません』発売中!

帯コメントは梅沢富美男さん

帯コメントは梅沢富美男さん

梅沢富美男さん大絶賛!
「こんなときだからこそ 笑いが大事!この本読めば、気が晴れるよ!」と帯コメントを頂きました! 

「スクワットしゃがんだままで立てません」
「朝起きてヤル気スイッチ又故障」
「減ってきた貯金体力妻の愛」
「缶詰めは猫はマグロでわしイワシ」

物忘れも、医者通いも、はたまたビミョーな夫婦関係も。シニア世代を中心とした、まさに人生の達人たちによる川柳傑作選。政治も経済も、暗い話の多いニッポン、お達者パワー全開の、笑えてしみじみ、そして家族で仲間で楽しめる1冊です。プレゼントにも大好評!

◆読者のみなさんから寄せられた声
「この本をめくると笑顔がこぼれ、どん底が消える。私の名著です!」(71歳・女性)、「字が大きいので読みやすい。友達に送って大いに喜ばれた」(81歳・男性)、「なるほど! なるほど! いずこも同じ高齢者。みんな仲良くがんばろう!」(90歳・男性)。

 

シルバー川柳10 スクワットしゃがんだままで立てません
全国有料老人ホーム協会 (編集), ポプラ社編集部 (編集)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です