本のページ

SINCE 1991

名古屋市文化振興事業団が公募短編小説事業「NAGOYA ヴォイシーノベルズ・キャビネット」を開催 元気・勇気・感動を与える短編小説を募集

名古屋市文化振興事業団が公募短編小説事業「NAGOYA ヴォイシーノベルズ・キャビネット」を開催

名古屋市文化振興事業団が公募短編小説事業「NAGOYA ヴォイシーノベルズ・キャビネット」を開催

だれでも気軽に文芸作品に親しんでもらいたいとの思いで生まれた「NAGOYAヴォイシーノベルズ・キャビネット」では、その専用ウェブサイトに掲載するオリジナル短編小説を募集中です。

採択された作品は、名古屋を中心に活動する劇団の俳優によって朗読され、その臨場感あふれる朗読と一緒にウェブサイト上で公開されます。読む人に「元気」「勇気」「感動」を届ける作品や、名古屋の歴史や文化にちなんだ作品を受付中です。

 
<「NAGOYA ヴォイシーノベルズ・キャビネット」募集概要>

1.募集開始
令和2年7月15日(水)12:00から募集しています。採択件数の上限270件に達した時点で募集を終了します。

2.応募資格
◎名古屋を中心に活動する文筆家及び文化芸術関係者等とします。
◎令和2年4月1日現在で20歳以上の方とします。
◎下記「7.注意事項」を満たし、異存の無いこと。
※合作・共作、連名による応募は不可とします。

3.募集作品
◎本文が1,500字以上1,700字以内の短編小説とします。
◎日本語の自作未発表の作品とし、一人につき4作品まで応募できます。
◎読む人に「元気」「勇気」「感動」を与える内容、あるいは名古屋地域の歴史や文化、地域特性などにちなんだ内容とします。
◎公序良俗に反するもの、政治色や宗教色の強いもの、第三者を誹謗中傷するもの、法令等に違反するものは対象外とします。
◎第三者の著作権、プライバシー権、名誉権、パブリシティ権、その他いかなる権利をも侵害していないものとします。

4.応募方法:NAGOYAヴォイシーノベルズ・キャビネット応募フォーム(https://nagoya-voicynovels-cabinet.com)からご応募ください。
※応募フォームからの応募のみの受け付けとなります。郵送等での応募は受け付けません。

5.審査員(50音順・敬称略)
麻創けい子(劇作家・演出家)
柴野理奈子(児童書作家)
清水良典(文芸評論家・愛知淑徳大学教授)
内藤洋子(エッセイスト)
広小路尚祈(作家)
藤真知子(童話作家・日本児童文学者協会理事)ほか

6.結果発表
◎審査は随時行い、採択・不採択を電子メールにて通知します。
◎作品が採択された方には、採択賞金として、一作品につき15,000円を支払います。
◎採択された作品の全文は、名古屋を中心に活動する劇団の俳優によって朗読され、その音声データとともに公式ウェブサイト上で公開します。
◎氏名(またはペンネーム)を掲載します。

7.注意事項
◎応募者は作品を、(1)公開(「NAGOYAヴォイシーノベルズ・キャビネット」ウェブサイトでの全文掲載及び朗読)すること、(2)事業団が二次利用(事業団情報誌「なごや文化情報」への掲載等)すること、(3)事業団がコピー(事業記録のための保存)することについて同意したものとします。
◎応募要項に反すると認められる場合は、審査の対象となりません。なお、採択決定後に応募要項に反することが判明した場合のほか、盗作、類似・類想が認められた場合、採択を取り消すことがあります。
◎自作未発表の作品とは、自作かつ未発表(個人ウェブサイトでの公開や、他のコンクール、同人誌、新聞等にも未投稿)の作品とします。二重投稿が明らかになった場合、採択決定後でもこれを取り消すことがあります。
◎受付後の作品の訂正はできません。また、応募作品のデータは返却しません。
◎応募者の個人情報は、事業団が当事業の事務連絡のために使用し、それ以外に使用、または第三者に提供することはありません。ただし、報道等に際して年齢、在住市区町村等を公開する場合があります。
◎作品をウェブサイトに掲載する際、誤字等の字句訂正のうえ掲載する場合があることを予めご了承ください。

■主催・問い合わせ:公益財団法人名古屋市文化事業団 事業部 事業推進課
◎住所:名古屋市中区栄三丁目18番1号 ナディアパーク8階(受付時間/平日9:00~17:00)
◎TEL:052-249-9385/FAX:052-249-9386

 
【関連】
NAGOYA Voicy Novels Cabinet | いつでも・どこでも・だれでも 気軽に文芸作品に触れることができるウェブサイト上の本棚

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です