本のページ

SINCE 1991

日販「ほんのひきだし」がコミックス第1巻ランキング(2020年上半期)を発表 『100日後に死ぬワニ』が第1位

書店取次大手の日本出版販売(日販)が運営するWebメディア「ほんのひきだし」は、2020年上半期(1月~6月)のコミックス第1巻の売上ランキングを発表しました。

 

今キテる漫画がわかる! コミックス第1巻ランキング(2020年上半期)を発表!

「ほんのひきだし」では、「新しい漫画と出合うきっかけを作る」ことを目的に、コミックス第1巻の売上ランキングを半期ごとに調査・集計し、発表しています。

このランキングは、集計期間中に第1巻が発売された「まだ若い作品」を、期間中の第1巻の売上のみで集計したものです。

 
今回の第1位は、著者・きくちゆうきさんがTwitterで連載し話題を呼んだ『100日後に死ぬワニ』。連載が最終回を迎えた3月20日に書籍化が発表され、4月8日に発売された作品です。

今回の上位10作は下記のとおりです。

 
<コミックス第1巻ランキング(2020年上半期)> ※敬称略

第1位『100日後に死ぬワニ』(きくちゆうき/小学館)

(C)STUDIO KIKUCHI / 小学館

(C)STUDIO KIKUCHI / 小学館

【作品概要】
日本中が見守った100日間、待望の書籍化
あたりまえ。だから、愛おしい。
1匹のワニの、なんでもなくて、かけがえのない毎日の記録をぜひお楽しみください。
Twitter 累計1000万いいね!超えを記録した100日間の本編に加え、0日目や100日後の後日譚など、ここでしか読めない描きおろしも28ページ収録!

 
第2位:『Dr.STONE reboot:百夜』(原作:稲垣理一郎・Boichi、ストーリー・漫画:Boichi/集英社)

第3位:『終末のワルキューレ異聞 呂布奉先飛将伝』(作画:オノタケオ、原作:終末のワルキューレ/コアミックス)

第4位:『魔界の主役は我々だ!』(漫画:津田沼篤、原案:西修、原作監修:コネシマ/秋田書店)

第5位:『僕のヒーローアカデミア チームアップミッション』(あきやま陽光/集英社)

第6位:『異世界賢者の転生無双~ゲームの知識で異世界最強~』(原作:進行諸島、作画:三十三十、キャラクター原案:柴乃櫂人/スクウェア・エニックス)

第7位:『遊☆戯☆王OCGストラクチャーズ』(佐藤雅史、デュエル構成:ウェッジホールディングス/集英社)

第8位:『カッコウの許嫁』(吉河美希/講談社)

第9位:『落第賢者の学院無双 ~二度目の転生、Sランクチート魔術師冒険録~』(原作:白石新、漫画:けんたろう、キャラクター原案:魚デニム/スクウェア・エニックス)

第10位:『戦争は女の顔をしていない』(小梅けいと、原作:スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ、監修:速水螺旋人/KADOKAWA)

第11位:『けいおん!Shuffle』(かきふらい/芳文社)

第12位:『七つの大罪外伝集〈罪実〉』(鈴木央/講談社)

第13位:『錬金術師です。自重はゴミ箱に捨ててきました。』(原作:夏月涼、作画:徒楽耀、構成:黒田ぺすと、キャラクター原案:ひづきみや/スクウェア・エニックス)

第14位:『貴族転生 ~恵まれた生まれから最強の力を得る~』(原作:三木なずな、漫画:華嶋ひすい 、キャラクター原案:kyo、構成:栗元健太郎 /スクウェア・エニックス)

第15位:『ゴブリンスレイヤー外伝2 鍔鳴の太刀《ダイ・カタナ》』(原作:蝸牛くも、作画:青木翔吾、キャラクター原案:lack/スクウェア・エニックス)

第16位:『つまり好きって言いたいんだけど、』(円城寺マキ/小学館)

第17位:『マイ・ブロークン・マリコ』(平庫ワカ/KADOKAWA)

第18位:『ゆるふわ農家の文字化けスキル ~異世界でカタログ通販やってます~』(原作:白石新、作画:綾月ツナ、キャラクター原案:ももいろね/スクウェア・エニックス)

第19位:『不器用な先輩。』(工藤マコト/スクウェア・エニックス)

第20位:『最後にひとつだけお願いしてもよろしいでしょうか』(漫画:ほおのきソラ、原作:鳳ナナ/星雲社)

 
※Webメディア「ほんのひきだし」では、上位50位までのランキングや、続編・スピンオフを除いた集計結果を公開しています。
★URL:https://hon-hikidashi.jp/enjoy/111059/

また、2020年4月~6月のランキングもサイトにて公開中です。
★URL:https://hon-hikidashi.jp/enjoy/111057/

 

「コミックス第1巻ランキング」調査開始の経緯

すべてのコミックを対象とした従来のランキングでは、 “ランキングの常連”であるロングセラー作品の新刊が上位を占めることが多く、連載が始まって間もない作品や単巻で刊行される作品が読者に発見されにくいという背景があります。

一方で、漫画アプリやWebマガジンなど、コミックの連載媒体は増えており、2019年上半期には、1か月あたり平均150点ものコミックス第1巻が発売されています。

そのため、漫画好きの方でも新作をくまなくチェックすることは難しく、「せっかく新しい作品が世に出ても、その存在に気づきにくい」「今後の刊行に大きくかかわるはずの第1巻こそが売れにくい」という状況が、少しずつ深刻化していると考えられます。

 
そこで、「ほんのひきだし」では、そんな“まだ若い作品たち”にスポットを当て、漫画好きの方々が新しい作品に出合うきっかけを作り、「好きな漫画を応援する」「面白い漫画を誰かにすすめる」雰囲気を盛り上げることを目指し、コミックス第1巻だけで集計した売上ランキングの発表を開始しました。

★これまでに発表したランキングのアーカイブはこちら:https://hon-hikidashi.jp/tag/comic1st_ranking/

 

 
【関連】
2020年上半期の新作コミックをおさらい!一番売れたのは『100日後に死ぬワニ』:コミック第1巻売上ランキング(2020年1月~6月) | ほんのひきだし
2020年春に一番売れたのは『100日後に死ぬワニ』:コミックス第1巻ランキング(2020年4~6月) | ほんのひきだし
コミック1巻ランキング | ほんのひきだし

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です