本のページ

SINCE 1991

丸井とまとさん「ボーイミーツガール大賞」受賞作『檸檬喫茶のあやかし処方箋』が刊行

(c)Tomato Marui/装画: 六七質

(c)Tomato Marui/装画: 六七質

一二三書房は、ボーイミーツガール大賞の「一二三文庫部門」を受賞した、丸井とまとさん著『檸檬喫茶のあやかし処方箋』(受賞時タイトル「檸檬喫茶の魔女」)を一二三文庫より刊行しました。

 

不思議な檸檬喫茶をめぐる、人とあやかしの優しい物語『檸檬喫茶のあやかし処方箋』について

<あらすじ>

あやかしを視る力を持ち、その力のせいでいじめられた過去のある清白紅花は人と関わらないように高校生活を送っていた。

しかし、とある事件をきっかけにクラスメイトの八城千夏が祖母の営む喫茶店を訪れることに。

紅花と祖母が住む、喫茶店「檸檬喫茶」には不思議な檸檬の木が生えていて……。

優しくて、ちょっぴり切ない、人とあやかしとの交流の物語。

 

ボーイミーツガール大賞について

ボーイミーツガール大賞

ボーイミーツガール大賞は、エブリスタが主催し、2019年7月10日から2019年9月30日の期間において実施されたコンテストです。一二三書房と、キャラクターCDレーベルの運営、イベントの企画、運営を行うティームエンタテインメントが共同で参画。

書籍化やドラマCD化を検討するため、恋愛をテーマにした読者に感動を与えることのできる作品を幅広く募集し、総数812作品の応募がありました。

 

檸檬喫茶のあやかし処方箋 (一二三文庫)
丸井とまと (著), 一二三書房 (編集), 六七質 (イラスト)

 
【関連】
【小説投稿コンテスト】ボーイミーツガール大賞

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です