本のページ

SINCE 1991

「第66回江戸川乱歩賞」最終候補作が決定!

日本推理作家協会が主催する「第66回(令和2年度)江戸川乱歩賞」の最終候補作が決定しました。

 

「第66回江戸川乱歩賞」最終候補作4編が決定

第66回江戸川乱歩賞には、387編の応募があり、1次選考・2次選考を通過した21篇から次の4編が最終候補作に決定しました。

 
【第66回江戸川乱歩賞 最終候補作品】

◎井上雷雨(いのうえ・らいう)さん
「ブルー オン ブラック」

◎小塚原旬(こづかはら・しゅん)さん
「エスカレーションラダー」

◎佐野広実(さの・ひろみ)さん
「わたしが消える」

◎桃ノ雑派(もものざっぱ)さん
「インディゴ・ラッシュ」

 
最終選考委員会は6月8日に開催。選考委員は、綾辻行人さん、新井素子さん、京極夏彦さん(推理作家協会・代表理事)、月村了衛さん、貫井徳郎さんが務めます。

なお、2次予選を通過した作品のうち、最終候補から惜しくももれた作品については、http://shousetsu-gendai.kodansha.co.jp/special/60.html に講評が掲載されています。

 

江戸川乱歩賞について

江戸川乱歩賞は、1954年に江戸川乱歩の寄付を基金として、日本推理作家協会(旧・日本探偵作家クラブ)により、探偵小説を奨励するために制定された公募の文学賞です。長編ミステリー小説(原稿用紙350~550枚)を募集。

 
受賞者には、正賞として江戸川乱歩像が、副賞として賞金1,000万円が贈られます。
また、講談社とフジテレビが後援しており、受賞作は講談社より刊行され、フジテレビによって映像化されます。

 
なお、江戸川乱歩賞は「ミステリー作家の登竜門」とも呼ばれ、過去に仁木悦子さん、西村京太郎さん、東野圭吾さん、桐野夏生さん、池井戸潤さん、福井晴敏さんらも受賞しています。

 

<参考>前年度(第65回)受賞作

ノワールをまとう女
神護 かずみ (著)

それは破戒の罰なのか?
大手医薬品メーカーに仕掛けられたデモを鎮圧すべく市民団体に潜入した西澤奈美。
そこでリーダーから同志として紹介されたのは、恋人の雪江だった。

新ヒロイン誕生!
西澤奈美。自宅は大久保の雑居ビル。冷蔵庫にはビールと栄養ゼリー。日課は筋力トレーニング。音楽はオールディーズ。話し相手はAIのユキエ。仕事は企業の炎上鎮火請負人。服は黒尽くめ。

※「NOIRを纏う彼女」を改題

 
【関連】
第66回(令和2年度)江戸川乱歩賞のお知らせ〔PDF〕
第66回江戸川乱歩賞2次予選通過作品の講評と最終候補作 | 小説現代

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です