本のページ

SINCE 1991

「第14回 JAFみんなのエコ川柳」入賞・入選作品を発表

「第14回 JAFみんなのエコ川柳」入賞・入選作品が決定!

「第14回 JAFみんなのエコ川柳」入賞・入選作品が決定!

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)は、昨年9月15日から今年 1月31日まで募集していた「第14回 JAFみんなのエコ川柳」の入賞・入選作品を公式Webサイトで発表しました。

 

30,103句の応募の中から入賞・入選、学校団体賞が決定!

本コンテストはJAFの環境保全活動の一環として、川柳を通した身近なエコに対する意識啓発を目的に実施されています。

14回目となる今回の応募数は前回より5,491句増加し、30,103句の作品が寄せられました。また、196校の学校から15,851句の団体応募があり、若い世代からの作品も多く集まりました。作品には日常生活の中でエコの意識を感じられるバリエーションに富んだものが多く見受けられ、家庭や個人でのエコ活動が根付いている様子が垣間見えます。

 
川柳作家のやすみりえさんが委員長を務め、エッセイストの三好礼子さん以下6名で構成される審査委員会にて選考を行い、入賞作品をはじめ、入選作品58点が選出されました。選ばれた作品は、「みんなのエコ川柳」特設ページに掲載されています。

★「みんなのエコ川柳」特設ページ:https://jaf.or.jp/about-us/csr/senryu

 

「みんなのエコ川柳」入賞作品(一部)

 
■ECO大賞:「AIに 教えなければ エコのこと」(神保正明さん)

これまでのエコ川柳は、子供にエコを教えるといった人と人とのやりとりでしたが、いよいよAIが登場。世の中の流れをすばやくとらえた一句です。
(やすみりえ審査委員長書評)

 
■ECOティーン大賞:「世間より 地球がすでに 炎上中」(奈良祐歩さん)

■ECOキッズ大賞:「じゃ口から 涙がぽろり 止めてよと」(柴橋美来さん)

 
【関連】
JAFみんなのエコ川柳 | JAF

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です