本のページ

SINCE 1991

『うどんの国の金色毛鞠』篠丸のどかさんショートストーリー集『なんだか世界が美しいのは』が9年の時を経て単行本化 小さな恋愛と猫がテーマ

篠丸のどかさん著『なんだか世界が美しいのは』

篠丸のどかさん著『なんだか世界が美しいのは』

ホーム社は、『うどんの国の金色毛鞠』で知られる篠丸のどかさんの最新コミック『なんだか世界が美しいのは』を集英社より刊行しました。

 

恋のはじまり、恋の途中、恋の終わり。そこにはいつも猫がいた―――-。

気鋭の実力漫画家・篠丸のどかさんが、さまざまな愛のカタチを描いた珠玉のショートストーリーが単行本化されました。

 
四国出身の篠丸さんが描いた『うどんの国の金色毛鞠』はアニメ化もされて大ヒット。本作は、篠丸さんがその前からウェブで9年に渡って描き続けてきた全12篇からなる作品です。

テーマは「小さな恋愛と猫」。
再会した同級生、会社の上司と部下、倦怠期のカップル、お見合いパーティーで出会った男女、妻に先立たれた父と娘など、さまざまな事情を抱えた登場人物たちが、物語のキーワードとなる猫と一緒に、愛や恋、出会いや別れのドラマを奏でます。

 

著者プロフィール

篠丸のどか(しのまる・のどか)さんは、香川県高松市出身。2003年、高校在学中に『別冊フレンド』(講談社) にてデビュー。

2012年『月刊コミック@バンチ』(新潮社)にて、香川県を舞台にした初の連載『うどんの国の金色毛鞠』がスタート。同作は2016年秋にアニメ化され、全12巻の長期連載となる。

著書に『花と黒鋼』全4巻(講談社)、『鶯谷ワールドエンド』1巻(新潮社)、『半沢ニャオ樹』1巻(講談社)など。

本作『なんだか世界が美しいのは』は、ホーム社コミックサイト「スピネル」にて、9年に渡り連載された作品。

★著者Twitter(@nodoka_00):https://twitter.com/nodoka_00

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です