本のページ

SINCE 1991

『金田一少年の事件簿』25周年記念作品が『週刊少年マガジン』で連載! 連載とクロスオーバーした謎解きイベントも京王線、都営地下鉄で同時開催

『金田一少年の事件簿』25周年記念作品が『週刊少年マガジン』で連載! 連載とクロスオーバーした謎解きイベントも京王線、都営地下鉄で同時開催

『金田一少年の事件簿』25周年記念作品が『週刊少年マガジン』で連載! 連載とクロスオーバーした謎解きイベントも京王線、都営地下鉄で同時開催

講談社の『週刊少年マガジン』では、1992年に連載が開始され、今年25周年を迎えた「金田一少年の事件簿」シリーズの、連載25周年記念作品『金田一少年の事件簿 R「金田一二三誘拐殺人事件」』(原作:天樹征丸さん/漫画:さとうふみやさん)を、7月5日(水)発売の31号よりスタートします。

また、京王電鉄と東京都交通局とのコラボレーションによるイベントも同時開催されます。

 

「金田一少年の事件簿R(リターンズ)」について

高校2年生の金田一一(はじめ)は、いつもは気の抜けたひょうきん者ですが、実は、かの名探偵・金田一耕助の孫!ひとたび事件に関われば、明晰な推理力で犯人が仕掛けた難解なトリックに、幼なじみの七瀬美雪と共に挑んでいきます。

 
「金田一少年の事件簿」シリーズは、コミック累計販売部数9,000万部を超え、映画、TV、アニメ、ゲームなど、様々な分野を通じて、多くの人に愛されてきた作品です。

 

連載とクロスオーバーした謎解きイベントも同時開催

今回の25周年記念作品は、京王電鉄と東京都交通局とのコラボレーションにより、連載開始日の7月5日(水)より、10月11日(水)まで、連載本編とクロスオーバーした、大人のための謎解きイベント「金田一少年の事件簿 R(リターンズ)呪いの手紙の秘密」も実施されます。

 
駅で配布される冊子に記載された謎を解きながら、京王線・井の頭線、都営地下鉄の沿線を回って手がかりを集め、漫画のヒロインである七瀬美雪に「呪いの手紙」を送った犯人を見つけ出す体験型イベントです。

10の謎をイベントオリジナルストーリーに沿ってクリアし、最後に犯人を見つけ出す内容となっており、クリアした段階に応じて、賞品が当たる抽選に応募できます。

またイベント期間中に、京王線・井の頭線のそれぞれ1編成にオリジナルヘッドマークを、都営地下鉄新宿線の1編成にオリジナルステッカーをつけた「金田一少年の事件簿 R 25周年記念」車両が登場します。最後に犯人を見つけ出すことができると、このヘッドマーク・ステッカープレートが当たる抽選に応募できます。

【京王線 オリジナルヘッドマーク】 ※イメージ

【京王線 オリジナルヘッドマーク】 ※イメージ

【都営新宿線 オリジナルステッカー】 ※イメージ

【都営新宿線 オリジナルステッカー】 ※イメージ

 
【謎解きラリー冊子の配布場所について】

★配布場所
・京王線・井の頭線の各駅
・都営地下鉄の各駅(押上・目黒・白金台・白金高輪を除く)
・日暮里・舎人ライナー「日暮里駅」および「西日暮里駅」

★配布枚数 10万部(京王電鉄5万部、東京都交通局5万部)
※なくなり次第配布終了。
※特設サイト(http://blacklabel.takarush.jp/promo/kindaichi/)から印刷可能。

なお、特設サイトのコンテンツがすべてオープンになるのは7月4日19時から、となっています。

 
【関連】
金田一少年の事件簿R~呪いの手紙の秘密~|東京都|リアル宝探しタカラッシュ!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です