本のページ

SINCE 1991

【訃報】俳人・金原まさ子さんが死去 100歳からブログで一日一句

俳人の金原まさ子(きんばら・まさこ=本名:マサ)さんが6月27日、胃がんのため死去しました。106歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者で行われます。喪主は長女の植田住代さん。

 
金原まさ子さんは、1911年生まれ。49歳で俳句を始め、100歳からブログに一日一句を掲載し話題となりました。2014年には、句集『カルナヴァル』で現代俳句協会賞特別賞を受賞。

エッセー集に『あら、もう102歳  俳人金原まさ子の、ふしぎでゆかいな生き方』があります。

 

金原まさ子句集 カルナヴァル
102歳の俳人による第4句集。
のびのびと異端に手を伸ばす新鮮で刺激的なことばの祭典。「102歳の不良少女」「元祖腐女子」が詠む208句。伝統的な俳句にまつわる読者の先入観をみごとに裏切ってくれる句集です。

【出版社からのコメント】
本当にこれが102歳の女性が詠んだ句なのか! 100年研いできた言葉の切れ味をご堪能下さい。

 
あら、もう102歳: 俳人金原まさ子の、ふしぎでゆかいな生き方
「朝日新聞」「東京新聞」で紹介され人気沸騰、“元祖腐女子”と讃えられる話題の102 歳の俳人による待望のエッセイ集。

49歳ではじめた俳句、100歳ではじめたブログ… 日々、ふしぎがり、おもしろがってうっかり、大人になることを忘れました。 いつまでも少女の心を持って、 みずみずしい感性を保つための新しいヒント。

 
【関連】
金原まさ子百歳からのブログ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です