本のページ

SINCE 1991

【第35回福島正実記念SF童話賞】木内南緒さん「AI、ひと月貸します!」が大賞を受賞 佳作にちゃたに恵美子さん「夏野菜カレーの会」

第35回福島正実記念SF童話賞が決定!

第35回福島正実記念SF童話賞が決定!

岩崎書店は4月1日、児童向けのSFエンターテインメント作品を公募する「第35回福島正実記念SF童話賞」の受賞作を発表しました。

 

第35回福島正実記念SF童話賞が決定!

第35回福島正実記念SF童話賞には215篇の作品が寄せられ、第一次選考で16作品、第二次選考で7作品に絞られました。最終選考ではこの7作品について審査を行い、大賞および佳作が次の通り決定しました。

 
<第35回福島正実記念SF童話賞 受賞作品>

■大賞
木内 南緒さん
「AI、ひと月貸します!」

■佳作
ちゃたに 恵美子さん
「夏野菜カレーの会」

 
選考委員は、南山宏さん、石崎洋司さん、後藤みわこさん、廣田衣世さん他。

大賞を受賞した木内南緒さんには賞金20万円が贈られ、受賞作は岩崎書店より出版されます。また、佳作のちゃたに恵美子さんには副賞が贈られます。

 
「受賞の言葉」は、https://www.iwasakishoten.co.jp/news/n33915.html をご覧ください。
また、「選考経過・選評」は、https://www.iwasakishoten.co.jp/news/n33920.html をご覧ください。

 
なお、最終候補作は以下の7作品でした。

【最終候補作】
◎斉藤誠さん「さよなら、ぼくのともだち」
◎木内南緒さん「AI、ひと月貸します!」
◎すぎいゆうこさん「オバケなんかじゃない!」
◎遠森あささん「テレパシー使いです!」
◎ちゃたに恵美子さん「夏野菜カレーの会」
◎ながむねふきこさん「空から忍者が落ちてきた」
◎岩崎まさえさん「自由研究おたすけマン」

 

福島正実記念SF童話賞について

福島正実記念SF童話賞は、児童向けのSFエンターテインメント作品を書ける新人作家の発掘を目的とする公募の新人文学賞です。

元早川書房『SFマガジン』編集長で、児童向けSFの翻訳家・作家としても活躍し、日本のSF界育成に多大な貢献をした福島正実さんの名を冠した同賞は、少年文芸作家クラブを結成し子ども向けSFエンターテインメントの隆盛を願った福島さんの思いを継承するため、1983年に少年文芸作家クラブ(創作集団プロミネンスの前身)と岩崎書店が設立。

 
【関連】
第35回 福島正実記念SF童話賞 受賞作品 発表 – 株式会社岩崎書店
第35回選考経過、選評 – 株式会社岩崎書店

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です