本のページ

SINCE 1991

又吉直樹さん芥川賞受賞作『火花』がイギリスで刊行 英語版のタイトルは『spark』(スパーク)

又吉直樹さん芥川賞受賞作『火花』がイギリスで刊行

又吉直樹さん芥川賞受賞作『火花』がイギリスで刊行

2015年上期の芥川賞受賞作、又吉直樹さんの『火花』が英語に翻訳され、3月5日に『spark』(翻訳:Alison Watts=アリスン・ワッツさん)というタイトルで刊行されました。
主人公・徳永が中学時代からの友人である山下と組んだ漫才コンビの名前は「スパークス」です。

 

又吉直樹さんが欧米圏デビュー! 芥川賞『火花』がイギリスで刊行

『火花』は、文藝春秋より2015年3月に刊行され、2017年2月に文庫化。累計発行部数は326万部となっています。2016年にNetflixでドラマ化され翌年NHK総合で放送、2017年には映画化もされました。

 
海外ではすでに韓国版、中国版、台湾版、ベトナム語版が発売されており、翻訳版としては5カ国目。欧米圏では初めてです。

英語版のカバーは、最後の“どんでん返し”が目玉焼きをひっくり返すことを連想させるとして、ポップな「目玉焼き」がデザインされました。

 
日本からも、アマゾンでペーパーバック版とkindle版が購入できます。また、紀伊國屋タカシマヤタイムズスクエア南館の洋書専門店Books Kinokuniya Tokyoでも近日入荷の予定です。

 

『火花』作品概要

<あらすじ>
まったく売れない芸人徳永は、ある日、同じようにまったく売れない先輩芸人神谷と運命的に出会う。神谷は独自のお笑い哲学を抱く、日常においても人とは違う行動や思考を繰り広げる類稀な男。そんな天才肌の神谷を徳永は師として仰ぐ。二人とも生活は苦しかったが、貧しいながらもまっさらな「生」を生きていた。神谷には同居している恋人がいて、その女性にも徳永は人間として惚れ込んだ。二人は別れることになるが、その別れの場面はこの小説の一つのクライマックスとなっている。少しずつ売れるようになっていく徳永は、やがて、ある決断をする。時が過ぎて、徳永は神谷に再会するのだが――。

 

又吉直樹さん プロフィール

著者の又吉直樹(またよし・なおき)さんは、1980年6月2日生まれ。大阪府寝屋川市出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑い芸人。コンビ「ピース」として活動中。

作品に、自由律俳句集『カキフライが無いなら来なかった』『まさかジープで来るとは』(ともに幻冬舎/せきしろさんとの共著)、『第2図書係補佐』(幻冬舎よしもと文庫)、「そろそろ帰ろかな」(『別册文藝春秋』2012年5月号)、「夕暮れに鼻血」(『別册文藝春秋』2012年9月号、創作四字熟語集『鈴虫炒飯』(幻冬舎/田中象雨さんとの共著)、『東京百景』(ヨシモトブックス)、第153回芥川龍之介賞受賞作『火花』(文藝春秋)、『芸人と俳人』(集英社/堀本裕樹さんとの共著)、『夜を乗り越える』(小学館よしもと新書)、『劇場』(新潮社)、『往復書簡 無目的な思索の応答』(朝日出版社/武田砂鉄さんとの共著)、『人間』(毎日新聞出版)などがある。

 

Spark (英語)
Naoki Matayoshi (著)

Tokunaga is a young comedian struggling to make a name for himself when he is taken under the wing of Kamiya, who is either a crazy genius or perhaps just crazy. Kamiya’s indestructible confidence inspires Tokunaga, but it also makes him doubt the limits of his own talent, and dedication to Manzai comedy. Spark is a story about art and friendship, about countless bizarre drunken conversations and how far it’s acceptable to go for a laugh. A novel about comedy that’s as moving and thoughtful as it is funny, it’s already been a sensation in Japan.

火花 (文春文庫) (日本語)
又吉 直樹 (著)

売れない芸人の徳永は、天才肌の先輩芸人・神谷と出会い、師と仰ぐ。神谷の伝記を書くことを乞われ、共に過ごす時間が増えるが、やがて二人は別の道を歩むことになる。笑いとは何か、人間とは何かを描ききったデビュー小説。第153回芥川賞受賞作。芥川賞受賞記念エッセイ「芥川龍之介への手紙」を収録。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です