本のページ

SINCE 1991

大村あつしさんの自己啓発恋愛小説『しおんは、ボクにおせっかい』が書籍化 道重さゆみさん(モーニング娘。OG)を当て書き

大村あつしさん著『しおんは、ボクにおせっかい』

大村あつしさん著『しおんは、ボクにおせっかい』

大村あつしさん著『しおんは、ボクにおせっかい』が、KADOKAWAより刊行されました。

 

モーニング娘。OG、道重さゆみさんがカバーを務める「自己啓発恋愛小説」誕生!

モーニング娘。OGの道重さゆみさんがカバーを飾った本書は、小説投稿サイト「NOVEL DAYS」でランキング1位をとった作品。ラブストーリーながら、ヒロインのしおんが放つ数々の名言や、思考をプラス方向に変える「でも幸せノート」などの内容に「人生の不安が取り除かれた」「人生を前向きに変えたくなった」という感想が寄せられています。

 
著者の大村あつしさんは、純愛と自己啓発をミックスさせた『エブリ リトル シング』で2007年に20万部のベストセラーを記録しており、同作はその後、2008年には井上和香さん、2009年には内山理名さんの主演で2回、舞台化をされています。

 
今回、カバーに道重さんを起用した理由は、著者が本書のヒロインを道重さんに仮託して執筆したことによるもの。

2018年に道重さんによるツアー「SAYUMINGLANDOLL」のニュースを見て、すぐにインスタグラムで道重さんをフォローして以来、「毎日道重さんの写真を見ているうちに、しおんは、道重さゆみさんだ!」という思いに駆られたと語ります。

 
以降は、しおんを道重さんに仮託して執筆開始。しおんのセリフも、「こんな場面では道重さんならきっとこう言うだろう」と当て書きをして、2019年夏に『しおんは、ボクにおせっかい』を完成させました。

カバー未公開写真/撮影:西田幸樹

カバー未公開写真/撮影:西田幸樹

カバー未公開写真/撮影:西田幸樹

カバー未公開写真/撮影:西田幸樹

 
<大村あつしさん コメント>

「出版が決まった際に、出版社にその話をしたところ、驚きの一言が飛び出しました。
『それなら、道重さんに一度、原稿を読んでいただきましょうか』と。本当か!? と思いましたね。そして、道重さんが本当に原稿を読んでくださり、感動しましたとコメントとともに、カバーモデルのお話を引き受けてくださったのです」

 

特典情報

対象店舗にて本書を購入した方に購入者特典を配布しています。

 
◆ポストカード(先着順)

カバーで使用している道重さんの写真で作られたポストカード、2種。1冊購入で1枚をプレゼント。
※ポストカードには数に限りがあり、各店舗なくなり次第、配付終了となります。

[Aパターン]
対象店舗:丸善 丸の内本店、喜久屋書店東急ハンズ心斎橋店

撮影:西田幸樹

撮影:西田幸樹

[Bパターン]
対象店舗:有隣堂 ヨドバシAKIBA店、喜久屋書店 阿倍野店

撮影:西田幸樹

撮影:西田幸樹

 

大村あつしさん プロフィール

著者の大村あつし(おおむら・あつし)さんは、小説からビジネス書やIT書まで手掛ける作家・ライター。総売上部数は192万部。

「日本一のITライター」と称され始めた2005年に『人生は数式で考えるとうまくいく』(サンマーク出版)で初の自己啓発書を執筆。2008年に自己啓発色の強い処女小説『エブリ リトル シング』(ゴマブックス)を刊行した。同作は20万部のベストセラーとなり、英語圏・中華圏・韓国でも出版されたほか、2回にわたって舞台化(2008年、主演:井上和香さん/2009年、主演:内山理名さん)。第一話の「クワガタと少年」は多くの中学校の道徳の教材となり、入試試験でも出題されている。その朗読はYouTubeで再生回数約19万回の人気動画に。
その後、「人生の成功法則は『受け取りの法則』である」との着想を得て『しおんは、ボクにおせっかい』を4年がかりで執筆。

著書に、小説としては『無限ループ』『恋することのもどかしさ』(以上、講談社)、『マルチナ、永遠のAI。』(ダイヤモンド社)、『カイくんのきもち』(新潮社)など。ビジネス書としては『サラリ ーマンだから貧乏ですが、なにか?』(PHP研究所)、『仕事がうまくいく0.7の法則』(祥伝社)など。IT書としては『新装改訂版Excel VBA本格入門』『かんたんプログラミングExcel VBA』シリーズ(以上、技術評論社)など多数。

★Twitter(@ash_omurah):https://twitter.com/ash_omurah

 

しおんは、ボクにおせっかい
大村 あつし (著)

「うずくまって泣きました」(読者レビュー)
投稿サイトで1位を獲得した「LINE感覚で読める」まったく新しいジャンルの“自己啓発恋愛小説”

【あらすじ】
願えば叶う「引き寄せの法則」が真実なら、なぜ人生で一番強い願いが叶わないの?お寺や神社は尊い場所だけど、なぜそこでもらう「お守り」だけでは幸せになれないの?ほんとうは、誰もが「幸せのお守り」をすでに持ってるんだよ。「受け取りの法則」を知れば、それに気付けるから―。

仕事もプライベートも冴えない日々を送っていた雄大。そんな彼のもとにかつての幼馴染しおんが突如現れた。14年ぶりの再会に喜ぶ雄大だが、近況を語る彼の言葉にしおんは顔をしかめる。そして彼女は雄大が幸せになるための「法則」を語り始めた――。

ときに切なく、ときにコミカルに、読むだけで成功体質が身に付く自己啓発的ラブストーリー。
引き寄せの法則全否定の意欲作!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です