本のページ

SINCE 1991

「ITエンジニア本大賞2020」技術書・ビジネス書の各ベスト10を発表

「ITエンジニア本大賞2020」技術書・ビジネス書の各ベスト10を発表

「ITエンジニア本大賞2020」技術書・ビジネス書の各ベスト10を発表

翔泳社が主催する「ITエンジニア本大賞2020」では、全国のITエンジニアが選んだ“おすすめ書籍”の投票を集計し、投票数が多かった上位10冊ずつを「技術書・ビジネス書各ベスト10」として発表しました。

大賞は、2月13日(木)のプレゼン大会&最終投票イベントにて決定します。

 

「ITエンジニア本大賞 2020」ベスト10が決定!

 
【ITエンジニア本大賞2020 技術書部門ベスト10】 ※50音順

『Kaggleで勝つデータ分析の技術』(技術評論社)

『体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 第2版 脆弱性が生まれる原理と対策の実践』(SBクリエイティブ)

『正しいものを正しくつくる プロダクトをつくるとはどういうことなのか、あるいはアジャイルのその先について』(ビー・エヌ・エヌ新社)

『ダークウェブの教科書 匿名化ツールの実践』(データハウス)

『作って理解するOS x86系コンピュータを動かす理論と実装』(技術評論社)

『ドラゴンクエストXを支える技術 ── 大規模オンラインRPGの舞台裏』(技術評論社)

『ハッキング・ラボのつくりかた 仮想環境におけるハッカー体験学習』(翔泳社)

『文系プログラマーのためのPythonで学び直す高校数学』(日経BP社)

『見て試してわかる機械学習アルゴリズムの仕組み 機械学習図鑑』(翔泳社)

『レガシーコードからの脱却――ソフトウェアの寿命を延ばし価値を高める9つのプラクティス』(オライリー・ジャパン)

 
【ITエンジニア本大賞2020 ビジネス書部門ベスト10】 ※50音順

『岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。』(ほぼ日)

『思考法図鑑 ひらめきを生む問題解決・アイデア発想のアプローチ60』(翔泳社)

『ソフトウェア・ファースト あらゆるビジネスを一変させる最強戦略』(日経BP社)

『直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN』(ダイヤモンド社)

『天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ』(日本経済新聞出版社)

『ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・行動様式』(ダイヤモンド社)

『FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』(日経BP社)

『プレゼン資料のデザイン図鑑』(ダイヤモンド社)

『学び効率が最大化するインプット大全』(サンクチュアリ出版)

『メモの魔力 -The Magic of Memos-』(幻冬舎)

 

大賞を決定するプレゼン大会を開催!

Web投票で、特に投票の多かった以下の6冊(技術書・ビジネス書各3冊)の著者、編集者、翻訳者などによるプレゼン大会を2020年2月13日(木)の総合ITカンファレンス「Developers Summit2020」内で行います。

プレゼンと書籍内容を参考に、特別ゲストとイベント観覧者が最終投票をおこない、技術書・ビジネス書の各大賞を決定します。特別ゲストによる特別賞の表彰も行われます。

 
<プレゼン大会参加書籍> ※各50音順

【技術書部門】
◎『Kaggleで勝つデータ分析の技術』(技術評論社)
◎『ハッキング・ラボのつくりかた 仮想環境におけるハッカー体験学習』(翔泳社)
◎『レガシーコードからの脱却――ソフトウェアの寿命を延ばし価値を高める9つのプラクティス』(オライリー・ジャパン)

【ビジネス書部門】
◎『ソフトウェア・ファースト あらゆるビジネスを一変させる最強戦略』(日経BP社)
◎『FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』(日経BP社)
◎『プレゼン資料のデザイン図鑑』(ダイヤモンド社)

 

「ITエンジニア本大賞2020」 開催概要

■開催期間:2019年11月18日(月)~2020年2月13日(木)

■対象書籍:技術書、ビジネス書全般。刊行年は問わないが、この1年を振り返っておすすめしたい書籍。
※過去の大賞(https://www.shoeisha.co.jp/campaign/award/2020/about#past)は、殿堂入りとし、選考から除外します。

■選考方法:ITエンジニアのみなさんによるWeb投票(11月18日~1月7日まで受付)で、各ベスト10を選出。技術書大賞・ビジネス書の各大賞は、Web投票で特に票の多かった6冊(技術書・ビジネス書各3冊)の書籍の著者、編集者、翻訳者などによるプレゼン大会の最終投票で決定します。

■主催:翔泳社
■特別協力:各メディア、全国書店等

★公式Webサイト:https://www.shoeisha.co.jp/campaign/award/2020/
★公式Facebookページ:https://www.facebook.com/ITbookaward
★公式Twitterアカウント:https://twitter.com/ITbookaward

 
【関連】
ITエンジニア本大賞2020

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です