本のページ

SINCE 1991

広島東洋カープ・新井貴浩選手が”絵本”になる!

新井貴浩物語 – 図書出版 南々社

「ぼくの大切な原点が、本書にいっぱい描かれています」
(新井貴浩さん)

今年(2016年)は広島東洋カープが25年ぶりにセ・リーグのリーグ優勝を飾りましたが、今季、通算2000本安打・300号本塁打という偉業を達成し、そのカープ優勝の原動力の一人となった新井貴浩選手の、小学生時代からの奮闘記が、『新井貴浩物語 がむしゃらに前へ』のタイトルで”絵本”になります。

2016年9月10日、25年ぶりのリーグ優勝までを恩師との交流とともに描いています。児童読み物作家の中野慶さんがお話を、広島在住の切り絵作家・吉田路子さんが絵を担当しています。

中野慶さんが新井貴浩選手の小学生時代の恩師で、現・広島都市学園大准教授の佛圓弘修(ぶつえん・ひろのぶ)さんと知り合ったことがきっかけで、“新井少年”のエピソードなどを取材し、物語を煮詰めていったそうです。

出版元「南々社」の編集担当者の方は「一人の子供が大人になるまでの成長を描いています。どちらかと言えば『大人向けの絵の物語』ですが、子供に読み聞かせをしたり、子育ての参考にしていただきたい」とコメント。

【関連】
図書出版 南々社
広島・新井が“絵本化”小学校時代から広島Vまでの奮闘記発売
新井貴浩物語!アライさんが絵本に「何か感じて」 – 野球 : 日刊スポーツ
新井さん小学校時代が絵本に!「何かを感じてくれたら」 ― スポニチ Sponichi Annex 野球
新井貴浩オフィシャルブログ Powered by Ameba

 

新井貴浩物語
新井貴浩物語

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です