本のページ

SINCE 1991

本のフリマアプリ「ブクマ!」がディスカヴァー・トゥエンティワンと連携 新刊本の販売を開始

本のフリマアプリ「ブクマ!」がディスカヴァー・トゥエンティワンと連携 新刊本の販売を開始

本のフリマアプリ「ブクマ!」がディスカヴァー・トゥエンティワンと連携 新刊本の販売を開始

本に特化したフリマアプリ「ブクマ!」を運営する株式会社Labitは、フリマアプリ内での新刊販売について、ディスカヴァー・トゥエンティワンと連携し、6月12日より新刊本の販売をスタートしました。

 

フリマアプリ「ブクマ!」で新刊本の取り扱いをスタート

「ブクマ!」は、データベースを持つ特化型フリマアプリとして幅広いスマートフォンユーザーが利用しています。今後は版元・取次業者と連携した「新刊本」最大約80万タイトルの取り扱いを予定。

 
ブクマ!では、リリースより10ヶ月間の間に取引されたデータの分析結果により、中古本を数冊販売した「売上金」の残高を用いて、新品の本を買う消費体験を行っていることが分かり、新刊販売に向けての準備を進めていました。

2017年3月に新刊販売の実証実験の第一弾として、自社がプロデュースを手がける渋谷・道玄坂の書店「BOOK LAB TOKYO」の店頭在庫、約5,000冊を購入できる試みを行っており、2017年5月15日からは、堀江貴文さんがMCを務めるYoutube・ニコニコ生放送の番組「ホリエモンチャンネル」とコラボし、堀江貴文さんの直筆サイン本を取り扱い、すべて完売するなど、古書の二次流通にとどまらず、新品を含むECとしてのフリマアプリの可能性を提案してきました。

 
今回のディスカヴァー・トゥエンティワンとの連携は、CtoCフリマアプリ内におけるEC化の実証実験の第三弾との位置づけで、EC市場とリユース文化の拡大により消費体験が多様になっているスマートフォンユーザーのニーズへの対応として実施。

 

「ブクマ!」について

「ブクマ!」は、書籍の裏表紙に印字されているISBNバーコード(国際標準規格)を、スマートフォンのカメラでかざすことで、100万冊以上のデータベースから照合し、好きな価格を設定し、最短10秒での出品が完了するフリマ・サービスです。

漫画本の全巻セット、文芸書の上・下巻セット、資格本などの実用書などで複数冊の「まとめ売り」機能をサポート。

 

株式会社Labitについて

Labit(ラビット)は 2011年4月に創業、研究開発を通して新たな「世界観を提案する」ことを企業理念としたアプリ開発を主軸事業とするスタートアップ企業です。

2014年、大学生向けのスケジュール管理アプリ「すごい時間割」をリクルートグループに事業譲渡。2015年に子会社「株式会社ゲームエイト」の保有株式を株式会社Gunosy に譲渡。2016年6月、渋谷・道玄坂に蔵書1万冊、42席のコーヒースタンド併設の複合型書店「BOOK LAB TOKYO」をオープン。2016年8月より、バーコードから10秒で出品できる本のフリマアプリ「ブクマ!」(iOS版/Android版)を提供しています。

 
【関連】
本のフリマアプリ「ブクマ!」 | 裏表紙にあるISBNバーコードを読み取って、10秒でかんたんに出品!
Labit Inc.

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です