本のページ

SINCE 1991

国内外から日本のクリエイターへイラストの製作を依頼できる「Skeb」(スケブ)のユーザー登録数が10万人を突破!

「Skeb」(スケブ)のユーザー登録数が10万人を突破!

「Skeb」(スケブ)のユーザー登録数が10万人を突破!

外神田商事株式会社が2018年11月30日に提供を開始したイラストコミッションサービス「Skeb」(スケブ)のユーザー登録数が、2019年8月22日に10万人を突破しました。

 

「Skeb」(スケブ)について

Skebは、短文の依頼内容を記入するだけでイラストを有償依頼することができるサービスです。依頼内容は100以上の言語で入力することが可能で、クリエイターへ翻訳されて届きます。

 
イラストの依頼時に報酬を依頼人から外神田商事が預かることで、クリエイターに対する報酬の未払い問題を解決します。

クレジットカード決済を導入しており、通貨の種類や国際送金のコストを気にすることなく支払いが可能となりました。現在やり取りされている案件の19%が海外からの依頼となっています。

 
また「打ち合わせ不可」「リテイク不可」「納品物は個人鑑賞限定」という一律のサービスルールを定めており、コミュニケーションや事務作業など、クリエイターが「描く」以外に必要な作業を最小化することで、創作行為だけに集中できる環境となっているのも特徴です。

クリエイターが安心して二次創作を行うことができる環境の整備を目指し、2019年6月より、ファンアートの依頼における売上の原則10%を原著作者に還元する「二次創作公認プログラム」も開始され、現在約80タイトルが登録されています。

 
【Skebの概要】
◎サービス開始日:2018年11月30日
◎ユーザー登録数:100,000人 (サービス開始から265日目)
◎クリエイター登録数:13,900人
◎リクエスト(案件)数:14,800件
◎平均単価:10,500円
◎利用料金:取引金額の最大15%
◎URL:https://skeb.jp
※数値は2019年8月22日時点

 

Skebの今後

Skebでは9月より、対応する納品形式に音声を追加した「Skeb Voice」の提供を開始します。
新しい表現文化であるvtuberとそのアーティストに対し、動画広告以外の収益獲得手段を提供することが目的です。

「打ち合わせ不可」「リテイク不可」「納品物は個人鑑賞限定」というイラスト版Skebと同一のルールで、気軽にvtuberとそのファンの方々がボイスの受発注を行える環境の整備を目指します。

 

外神田商事株式会社について

外神田商事株式会社は、漫画家・個人投資家から出資を受け2017年8月1日に設立されたクリエイター支援ベンチャーです。同社は、常に作家の視点から問題を提起し、作家にまつわる諸問題を「社会的」「経済的」「文化的」支援によって解決していきます。

◎社会的支援:税理士、弁護士、社労士を始めとする士業関係者と協力し、税務の適正化と福利厚生の充実を図ります。
◎経済的支援:新たな収益源をもたらす安全で便利なプラットフォームを提案し、作家のリスクヘッジを支援します。
◎文化的支援:個人では対応が難しい権利侵害の問題に機械学習を用いた自動化技術を提供し、創作文化の保護に努めます。

★コーポレートサイト:https://www.sotokanda.co.jp
★Skeb:https://skeb.jp
★ドージン・ドット・タックス:https://dojin.tax

 
【関連】
Skeb – Artwork Request Box

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です