本のページ

SINCE 1991

向田邦子さん原作絵本『字のないはがき』刊行記念!角田光代さん×西加奈子さんトークイベントを開催 原画展も

向田邦子さん原作絵本『字のないはがき』刊行記念!角田光代さん×西加奈子さんトークイベントを開催

向田邦子さん原作絵本『字のないはがき』刊行記念!角田光代さん×西加奈子さんトークイベントを開催

向田邦子さんの名エッセイから生まれた絵本『字のないはがき』が小学館から刊行されたことを記念して、文を担当した角田光代さんと、絵を担当した西加奈子さんによるトークイベントが7月23日にクレヨンハウス東京店で開催されます。
また、原画展も7月22日(月)から7月29日(月)まで同店で開催。

 

角田光代さん×西加奈子さんが対談!

『字のないはがき』は、向田邦子さんのちいさな妹・和子さんが主人公。
疎開先から届く、まだ文字の書けない、ちいさな妹からのはがき。
はじめは、はがきいっぱいの大きな○が描かれていましたが…… 。

角田光代さん(撮影:垂見健吾さん)

角田光代さん(撮影:垂見健吾さん)

西加奈子さん(撮影:若木信吾さん)

西加奈子さん(撮影:若木信吾さん)

大の向田ファンである角田光代さんと、独創的な絵にも定評のある西加奈子さん。2大直木賞作家がそろう貴重な今回のイベントでは、大の仲良しであるお二人が、制作の裏側や、戦争と平和、互いの近況について語り尽くします。

 
<トークショー開催概要>

■日時】7月23日(火)開場18時30分 講演19時~20時30分

■場所:クレヨンハウス東京店(東京都港区北青山3-8-15 クレヨンハウスレストラン「広場」)

■参加費:2,000円 + 絵本『字のないはがき』購入代(1,620円)

■予約受付・問合せ:クレヨンハウス東京店1F 子どもの本売り場
◎電話:03-3406-6492(11~19時)
◎Eメール:ehon@crayonhouse.co.jp
※メールで申し込みの際には、氏名・電話番号・参加人数を明記してください。

■注意事項
◎書籍購入必須になります(通販購入は対象外)。
◎書籍代支払いは、チケット精算時になります。
◎講演終了後、サイン会もあります(書籍同時購入の方のみ)。

★詳細URL:http://www.crayonhouse.co.jp/shop/t/t2635/

 
<『字のないはがき』原画展も開催>

■会期:7月22日(月)~7月29日(月)

★詳細URL:http://www.crayonhouse.co.jp/shop/t/t2637/

 

『字のないはがき』について

 
◆教科書にも載っている実話を絵本化!

脚本家、エッセイスト、直木賞作家である故・向田邦子さんの作品の中でもとりわけ愛され続ける名作「字のない葉書」(『眠る盃』所収、1979年講談社)が原作。

戦争中の、向田さん一家のちいさな妹と、いつも怖いお父さんのエピソードを綴った感動の実話です。
向田邦子さんのちいさな妹・和子さんが主人公。

 
◆あらすじ

戦争時代、ちいさな妹が疎開するとき、お父さんはちいさな妹に、
「元気なときは大きな○を書くように」と、
たくさんのはがきを渡しました。

しかし、大きな○がついたはがきは、すぐに小さな○になり、やがて×になり・・・。

 
◆直木賞作家2人の夢の共演!

当代人気作家の角田光代さんと西加奈子さんの最強コンビで、美しい絵本によみがえりました。

大の向田ファンで知られる角田光代さんの渾身の描写と、西加奈子さんの大胆な構図と色彩を堪能してください。

 

字のないはがき
西 加奈子 (イラスト), 向田 邦子 (著), 角田 光代 (著)

何度読んでも泣けてしまう…。教科書にものっている名エッセイが絵本になりました。向田邦子さん作品のなかでも、とりわけ愛され続ける名作「字のない葉書」は、戦争中の向田さん一家のちいさな妹と、いつもはこわいけれど愛情の深いお父さんのエピソードを綴った感動の実話。お子さまとぜひ語り合ってください。

 
【関連】
角田光代さん×西加奈子さん 『字のないはがき』 刊行記念スペシャル対談|クレヨンハウス
『字のないはがき』 絵本原画展|クレヨンハウス

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です