本のページ

SINCE 1991

怪談集絵本『あっちがわ』刊行記念パネル展が広島・沖縄で開催 うっかり見てしまったら最後、もう元の世界にはもどれない…かも

怪談集絵本『あっちがわ』刊行記念パネル展が広島・沖縄で開催

怪談集絵本『あっちがわ』刊行記念パネル展が広島・沖縄で開催

広島市出身の作家・イシズマサシさんが描いた、15の怪談集絵本『あっちがわが』が岩崎書店より6月11日に刊行されました。これを記念して、広島と沖縄では刊行記念パネル展が開催されます。

 

『あっちがわ』刊行記念パネル展 開催概要

<広島会場>

■会期:6月15日(土)~7月31日(水)

■入場料:無料

■会場:廣文館金座街本店
◎住所:広島県広島市中区本通1-11
◎TEL:082-249-1611
◎URL:https://kobunkan.com/shop.html

■特典:同店では特典として「特製お面」が付きます(数に限りあり)。表紙のおとこのこ「しろちゃん」の顔のお面で、うちわにも使えます。

 
<沖縄会場>

■会期:6月27日(木)~7月31日(水)

■入場料:無料

■会場:HMV&BOOKS OKINAWA
◎住所:沖縄県浦添市西洲3丁目 PARCO CITY内 3F
◎TEL:098-943-0540
◎URL:https://www.hmv.co.jp/fl/34/175/1/

■限定特典:同店のみの限定特典として「特製シート」が付きます。表面は新たに描き下ろした沖縄バージョンの本表紙、裏面には未公開の番外編を一話収録。店頭販売のみの、100部限定超レアアイテムにつき、ご希望の方はお早めに!

 

パネル展担当者コメント

◆廣文館金座館 店長 山中潤一さん

「PV(動画)は思った以上に怖かったです・・表紙の男の子「しろちゃん」の怖さったら、目を覆いたくなります。けれど、塞いだ手の指と指の間から、ちらっと見ている、見ずにはいられない!そんな風に「しろちゃん」の事が気になってしょうがない自分がいます。」

 
◆HMV&BOOKS 瓜生英司さん

「こんなにも鮮やかに描かれている「アオイロ」が、読めば読むほど底知れぬ不気味さをまとって、僕の視覚野と心を占めていく。この体験を、誰かに伝えたくて仕方がない----。」

 

『あっちがわ』内容紹介

この世のものとは思えない15のこわい話。
「こわすぎる!」と、一度は見送られた本作。一話見開きで展開するたたみかける恐怖。
決してひとりでは読ませないでください。

【収録タイトル】
かげ/よげん/たぬきんくん/かとりせんこう/みどりのしょうぼうしゃ/フランスにんぎょう/となりのゆうれい/おえかき/あそんで/あな/あたまのはこ/ソフトボール/きょうけん/みんとくん/リフト

【紹介動画 30秒】 https://www.youtube.com/watch?v=oHcSsqSUuxc

 

イシズマサシさん プロフィール

作者のイシズマサシ(石津昌嗣)さんは、1963年生まれ。広島出身。武蔵野美術大学卒業。

グラフィックデザイナーを経て、三年間海外を放浪する。旅の途中でダライ・ラマ氏を撮影。帰国後、写真と執筆業に携わる。52歳で、一児を授かる。

著書に『月とキャベツ』写真集(ぶんか社)、『モメント イン ピース』(リトルモア)、『東京遺跡』(メディアファクトリー)、『道草者-moment in peace』(求龍堂)、『あさやけのひみつ』(扶桑社)、『のら道』(アートン)、『関西ルインズ』(東方出版)、『どうして そんなに ないてるの?』(えほんの杜)など。

★Instagram:https://www.instagram.com/masashiishizu/
★Twitter:https://twitter.com/masashiishizu/

 

あっちがわ
イシズ マサシ (著, イラスト)

けっして、一人では読ませないでください――。

この世のものとは思えない、怖くて奇妙な出来事。
ここは本当にぼくの町なの? それとも……。

一話一見開きで展開するたたみかける恐怖。
きみはつぎのページをめくれるか。

 
【関連】
絵本『あっちがわ』刊行記念パネル展、広島と沖縄にて開催 – 株式会社岩崎書店 このサイトは、子どもの本の岩崎書店のサイトです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です