本のページ

SINCE 1991

角川文庫の夏のフェア「カドフェス 2019」開催! 新海誠監督『天気の子』コラボ 宮部みゆきさん、米澤穂信さん、畠中恵さん、柚月裕子さん、小川洋子さんの新作も登場!

カドフェス2019

カドフェス2019

KADOKAWAは、角川文庫恒例の夏のフェア「カドフェス2019」を6月14日(金)より全国書店にて開催します。

今年のカドフェスの「顔」となるのは、新海誠監督の最新作『天気の子』(7月19日全国公開)とコラボしたスペシャルハッケンくんです。「カドフェス」開催期間中でしか見られない装飾や、角川文庫『小説 天気の子』(7月18日発売)の試し読みが掲載された小冊子も配布されます。

 

「カドフェス2019」小冊子で『小説 天気の子』の特別試し読みを収録!

カドフェス2019小冊子

カドフェス2019小冊子

カドフェス期間中、今年の対象作品を紹介する小冊子が展開書店にて配布されます。冊子には、映画『天気の子』の原作小説で新海誠監督みずから執筆した『小説 天気の子』の一部を特別に収録。7月18日(木)の発売に先駆けていち早く楽しめます。

※数に限りがあります。なくなり次第配布終了となります。

 
<『小説 天気の子』について>

新海誠監督最新作『天気の子』を、監督みずから執筆した原作小説。

◆あらすじ
東京にやってきた家出少年・帆高は、不思議な力を持つ少女・陽菜と出会う――。
天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を「選択」する物語。

◆発売:2019年7月18日(木)※電子書籍同日配信予定

 

新登場!今年の購入者プレゼントは「発見!クリアファイル」

カドフェス帯のついたカドフェス対象本を1冊買うと、その場で「発見!クリアファイル」が1枚もらえます。

種類は全部で3種類、いずれも「カドフェス2019」だけのオリジナルデザインです。

◎「カドフェス2019」×『天気の子』 コラボバージョン
◎ 角川文庫創刊70周年記念 『罪と罰』バージョン 
◎ ハッケンくん〈アンブレラ〉バージョン

※数に限りがあります。なくなり次第配布終了となります。
※カドフェス帯のついた角川文庫が対象。
※店舗によっては取り扱いのない場合もあります。

 

新作はじめ話題の映画化原作などが目白押し!

◆人気作家の新作文庫!

カドフェス2019 新刊ラインナップ

カドフェス2019 新刊ラインナップ

◎宮部みゆきさん『三鬼 三島屋変調百物語四之続』
江戸怪談「三島屋」シリーズ文庫最新刊!
亡者が集う家、食いしん坊の守り神――。不思議がいっぱいの黒白の間へようこそ。

◎米澤穂信さん『いまさら翼といわれても』
累計245万部突破の〈古典部〉シリーズ最新刊!
謎解きを通しメンバーの新たな一面と出会う、瑞々しくも時にビターな短篇集。

◎畠中恵さん『まことの華姫』
推理、人情、笑いあり!
ヘタレの人形遣い芸人と毒舌の姫様人形のコンビが、江戸の事件を快刀乱麻!!

◎小川洋子さん『不時着する流星たち』
グレン・グールドにインスパイアされた短編をはじめ、静かな人生に突然訪れる破調の予感を見事にとらえた、物語の名手のかなでる10の変奏曲。

◎柚月裕子さん『蟻の菜園―アントガーデン―』
『孤狼の血』『盤上の向日葵』著者が放つ、社会派ミステリ!
美貌の犯人が抱えた過去と真実とは。この切なくやりきれない思いをどうしたらいいのか。

 
◆話題の映画化原作

カドフェス2019 映画化原作

カドフェス2019 映画化原作

◎吉田修一さん『犯罪小説集』
人はなぜ、殺めるのか? 『怒り』『国宝』の著者、最新文庫化!
※映画『楽園』 公開:10月18日(金)

◎織守きょうやさん『記憶屋』
忘れることと、忘れられてしまうこと、どちらのほうが辛いのだろう――?
切なさあふれる青春ノスタルジックホラー!
※映画『記憶屋』 公開:2020年

◎雫井脩介さん『望み』
息子は殺人犯か被害者か――。
揺れ動く父母の想いが心に響く、一気読み必至ミステリ。
映画化決定!

◎門田隆将さん『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』
2011.3.11 福島を、日本を、救うために。
あの時、福島第一原発で何が起こったのか。
※映画『Fukushima 50』 公開:2020年

 

読書感想文にもおススメ!一度は読みたい不朽の名作、ロングセラー

太宰治『人間失格』、夏目漱石『こころ』、芥川龍之介『トロッコ・一塊の土』など文豪たちの不朽の名作、『火の鳥』『アルケミスト 夢を旅した少年』ほか長年読み継がれる人気のロングセラーなど、夏休みだから読んでみたい!読書感想文にもおすすめ作品がずらり!

また、「東京2020」に向けてオリンピック文学の競演作『オリンピック』など多彩なジャンルが揃っています。

カドフェス2019

カドフェス2019

※『こころ』『銀河鉄道の夜』『トロッコ・一塊の土』の「かまわぬ」コラボのスペシャルカバーは(株)かまわぬのてぬぐい柄を使用しています。

 

映画『天気の子』 7月19日(金)全国ロードショー!

(c)2019「天気の子」製作委員会

(c)2019「天気の子」製作委員会

<STORY>

「あの光の中に、行ってみたかった」
高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、 怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。
彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。 そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。
ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らす少女・陽菜。彼女には、不思議な能力があった。
「ねぇ、今から晴れるよ」
少しずつ雨が止み、美しく光り出す街並み。 それは祈るだけで、空を晴れに出来る力だった――

 
<キャスト・スタッフ> ※敬称略

■原作・脚本・監督:新海誠

■声の出演:醍醐虎汰朗、森七菜

■音楽:RADWIMPS

■キャラクターデザイン:田中将賀
■作画監督:田村篤
■美術監督:滝口比呂志

■製作:「天気の子」製作委員会
■制作プロデュース:STORY inc.
■制作:コミックス・ウェーブ・フィルム
■配給:東宝

★映画『天気の子』公式サイト:https://www.tenkinoko.com/

 

小説 天気の子 (角川文庫)
新海 誠 (著)

全世界待望の新海誠監督最新作『天気の子』、監督みずから執筆した原作小説

新海誠監督の2019年新作アニメーション映画『天気の子』は、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を「選択」する物語。監督みずから執筆した原作小説。*表紙画像は仮のものです。(C)2019「天気の子」製作委員会

 
【関連】
カドフェス 2019 発見!角川文庫|KADOKAWA

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です